« June 2007 | Main | August 2007 »

July 2007

July 31, 2007

リンボーさんの『風姿花伝』

今夏の東京クラブ課題図書が瀬戸内寂聴氏の「秘花」であり副読本が板東真理子氏の「女性の品格」であると7月例会で告げられた。そのうち・・・と思っていたら親友のRが持ってきてくれた。下田へ行った時ゆっくり海を眺めながら読んだのだがこのテーマは何なのかさっぱりわからない。プログラム委員会はどういう風に料理しようと言うのかな?と思っていたらRが今度はリンボーさんの『風姿花伝』これこそ面白かったというので図書館で借りてきた。すらすら読めると副題がついているようにスイスイ読めた。教育とはというテーマにもなりそうでこちらは面白かった。

| | Comments (0)

July 30, 2007

クロネコ便

最近旅行会社からのカタログを始めいろいろなものがクロネコ便でやってくる。殆どは開くこともなくそのまま資源ゴミと相成る。今日届いたクロネコ便は園芸のカタログ。一昨日ネットであちらこちらの園芸ショップをサーフィンしていたら通販カタログ差し上げますとあったのでそこへメールを出したらすぐ届いた。これを眺めながら来年の園芸のプランを練る。狭いスペースへこれも植えたいあれも植えたい・・・楽しい時間だ。

| | Comments (0)

July 29, 2007

マゴマゴと夏休み

海に行ったり遊園地で遊んだり4世代で会話をしたりお祭りに出かけたりトランプをしたり毎日毎日忙しく暮らした。でも幼子と遊ぶのには体力が必要!とつくづく感じた。今日はなんかボーっと過ごしてしまった。

ルーフガーデンのアサガオと久しぶりにゆっくり会話!アサガオもこう暑くては花が開かない。でも、もういっぱい成熟した種ができていた。早速種を蒔いた。10月には花が咲くかな?

| | Comments (0)

July 21, 2007

今年のブラウス

夏の今、若い人から中年まで女性のブラウスはハイウエストで下が広がっているものが多い。レースのものありプリントのものありスカートにもパンツにも上手に着あわせている。この手のブラウスは体型をカバーしてしまうので気易いのだろう。おなかが出ている私でも着ることができるかもしれない。

話は変わるが今年はおなかの大きい若い人を見かける。きっと日本の出生率が上がるのではないかと思う程・・・妊娠中の女性にとってもこのブラウスの流行は受け入れやすいものだろう。

| | Comments (0)

July 20, 2007

蝉の声

お昼頃今年初めて蝉の声を聞いた。蝉時雨というのではなく一匹の蝉が『始めまして!』と啼いているように聞こえた。明日からマゴマゴ週間、網と虫かごを持ってカブトムシやら蝉を捕まえたいと孫は張り切っているらしい。さぁ!この辺ではどこに取りに行ったらいいものやら・・・

| | Comments (2)

July 19, 2007

打ち上げ!!!

委員会活動は7月31日で終わり。今日は打ち上げ?と称して委員を召集した。5時間あまりお昼を挟んで自分が今までに経験したことのない未知の世界について情報を得ることができた。世の中はいろいろなことが起こっているのだなぁ。気の置けない仲間同士でゆっくりおしゃべり!楽しかった。

瀬戸内寂聴の「秘花」と板東眞理子の「女性の品格」をいただいた。海に行ってゆっくり読むことにしよう。

| | Comments (0)

July 18, 2007

アサガオを眺めながら・・・

今年は涼しくてアサガオがよく咲いている。日替わりでペットボトルに植えたアサガオ、七草の籠に植えたアサガオ、鉢植えのものと色々と代わるところがおもしろい。ネットに絡ませたアサガオもどんどん上へ上へと上がり3階のダイニングの窓から見えるようになってきた。今日は友人3人とルーフガーデンでレモンバームとレモングラスのハーブティーを飲みながらブリッジ!ゆるやかに時は流れた。Smorning_glory_007 Sroof_garden_008

| | Comments (0)

July 17, 2007

La Vaisselle

台風は過ぎたのに朝から雨、ルーフガーデンの植物たちもうなだれている。友人に紹介された表参道の小間物屋''La Vaisselle''へ傘を挿して出かけた。クレヨンハウスのすぐ近くだった。''La Vaisselle''はフランス語で食器棚の意味だがキッチンで使うような一見便利そうで使ってみたくなるようなものが沢山あった。その中から吸水性のあるマットとかフキン、夏用のテーブルマットを購入した。

| | Comments (0)

July 16, 2007

ブルキナファソ

UNICEF NEWS の最新号の特集にブルキナファソの記事があった。旧国名はHAUTE VOLTA(UPPER VOLTA)と言う名称でギニア湾に注ぐボルタ川上流の西アフリカ内陸の旧フランスの植民地だった。私は在京の大使館で新聞記事の翻訳の仕事をしていたことがある。この記事は「清潔な水を求めて」というテーマでこの国の農村部で毎日の水を得ることがいかに大変なことであることが書かれていた。14歳の女の子が一日おきにおよそ6キロ離れた手押しポンプ式の井戸から水をくみに行くという。家の近くでは安全な水が手に入らないからだ。このため水くみに多くの時間をとられてしまいこの子は学校に通うことができない。手押しポンプの価格は一台約36000円。村の人々はもっと多くの手押しポンプ式の井戸を設置したいのだが貧困が激しく難しいらしい。ユニセフでは女の子たちが水くみの重労働から解放されて学校に通えるように、そして村人の健康が改善されるように支援活動を続けているとこの記事に書かれていた。

おりしも今日の中越沖地震被災者の方々が給水車に並ぶ姿をTVで見て、水道をひねると水が出てくる生活に今一度水のありがたみを実感した。

| | Comments (0)

July 15, 2007

山手線便利MAP

新宿駅の出口は沢山あって便利なようでそれだけ複雑でわかりにくい。と思っていたら駅構内でこんなMAPを見つけた。手にとって眺めるとこれは本当に便利!いつも頭の中で漠然と新宿駅を思い描いていたのをはっきり示してくれていたからだ。どこにエレベーターやエスカレーターが設置されているか、乗り換えには前方に乗れば良いのか後方に乗れば良いのかと思うことがあるけどこれを見たら一目瞭然。主要な場所の情報も・・・駅を中心に徒歩圏も描かれている。小冊子の名の通りまさしく便利MAPである。S013

| | Comments (0)

July 14, 2007

Chili Paste in Oil

タイ料理のソムタム(青パパイヤのサラダ)とブバッホンカレー(カニカレー)にはまっている。5年前タイフリークの友人に『ブバッフォンカレーのコツはChili Paste in Oilにあるのよ』と聞いて以来その料理もレパートリーになった。ほかに好きな料理はブラジルのフェージョン料理かチキンの煮込みなのだがそれらの料理にはコリアンダーつまり香草が入る。これが入らないとなんか間が抜けてしまうと私は思う。でもいつか友人にパー・ムー・マクア(焼き茄子の甘辛サラダ)に香草をたっぶりかけて出したら『この匂いに弱くてダメ・・・』と言われてしまった。かくいう私も30年前初めてブラジルに行ったときはこの匂いに鼻をしかめたものだった。以来お客様にお出しするときはまず『コリアンダーはお好き?』とおたずねすることにしている。それにしてもこのChili Paste in Oil 最近は冬瓜を煮たときにも隠し味に入れている。ちょっとピリッと仕上がってまたおいしい。

| | Comments (0)

July 13, 2007

夕焼け

時は夏 
日は夕暮れ 
夕暮れは七時
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
神、天に知ろしめす
すべてこの世はこともなし  070713_19040001_1 
070713_19020001_2

ブラウニング風の詩が思い浮かんだ。午後7時、東京の空いっぱいの夕焼け素晴らしかった。グレーの雲に夕日があたりえもいわれぬ光景に思わず東京ドームの前のベンチに座りしばらく眺めた。10分ほどで夕闇が迫り家路に急いだ。

| | Comments (0)

July 12, 2007

Private Banking Office

最近は銀行に行くことは滅多になかった。振り込みはネットで出来るし、そちらの用事は連れ合いがすると決まっていたからだ。ところが取引銀行からPrivate Banking Office カードなるものが送られてきた。少し利率の良い定期預金も紹介されていたので一般営業の窓口のビル9Fのオフィスに出かけた。エレベーターを降りてドアを入り受付でそのカードを示す。そのむこうには広い(100畳?位だろうか)オープンスペースにソファが並んでいる所に通された。「お飲み物は?」というサービスもある!ソファに座っていると係の女性が用を足してくれる。なんて居心地いいのだろうと思った。でもそうそう預金が増えるわけではないし、まぁあまり来ることもないだろうなぁ!

| | Comments (0)

July 11, 2007

朝顔の仕立て方

このところ気温が低いので我が家の朝顔も順調に成長している。ネットの朝顔は成長の度合いが異なるもののカーテンができつつある。籠仕立ての朝顔は個体差はあるもののヘブンリーブルー、ブルースター、青目絞りとそれぞれが面白い。洗面所で育ててきた朝顔は葉が薄く元気がないので外に出してやったら途端に元気になり歯の色も濃く花芽もあがってきた。

毎日早起きして朝顔と会話するのが今一番の楽しみである。06_1

| | Comments (0)

July 10, 2007

1テラって?

パソコンの周辺に外付けハードディスクが3個もあって古いデータをどこに保存していたのか最近確信が持てない事がある。そこでそれらの3つのHDとPCのなかにある二つのドライブのデータを保存するHDを買いに行った。


電気屋さんのHDコーナーにはHDが山と積まれていて一体どれがどれやらよくわからない。店員さんの説明をよく聞いた結果、1テラのHDを買った。1テラつまり1000GBの容量だそうだ。気が遠くなるような数値!と思っても次から次へとファイルは増えるからと思いこれにした。


家に帰りRAID(レイド)をすることにした。これは1テラのハードディスクを2つのHDとして認識させるので2台のHDに同じ内容のデータを書き込むことでデータを保護するということらしい。パーティションに似ているのだけれどRAIDを作るとmy computer上はひとつのHDとしか認識しない。万が一一方のHDが故障してももう一方のHDにあるデータを読み出すことができるので安心と取説にはあるがちょっと心配ではある。


雑然とHDに放り込んであるファイルを見やすくまとめるのでまず時間がかかりそれを保存するということでまたまた時間がかかりそうである。

| | Comments (1)

July 09, 2007

大人買い

先日表参道へ親友のT子と出かけたとき「あらayaさんの帽子大人買いね。」と言われた。3~4年前に買ったいつものカミンスキーのラフィアの帽子である。どうして?と聞くと「茶色だもの!」ン・・・!「これいつもの黒よ」と言って脱いでみるとそういえば確かに茶色っぽい。はげちゃったのかな?そめてもらおうかしら?と今日は買った百貨店へ行った序でに尋ねてみた。「奥様、このように色が変化することで一段と味が出てくるのです。」と諭されてしまった。売り場にあった黒の方がやはりいいと思いながらも売り場をあとにした。

| | Comments (0)

July 08, 2007

サクランボ狩り③

今回の旅行はサクランボ狩りと温泉くらいにしか考えていなかったので山寺の立石寺が最後の行程に入っていたときは驚き嬉しかった。静けさや岩にしみいる蝉の声』を聞くことはできなかったけれど1000段てのぼり奥の院までたどりつけた。山奥のお寺らしく小さく雰囲気のあるものだった。休憩していたら叔母からケータイに電話が入った。こんなところまでケータイがつながるとは・・・江戸時代から現代に引き戻され変な気分がした。

| | Comments (0)

July 07, 2007

サクランボ狩り②

泊まったホテルは鳴子温泉では一流のホテルであるらしい。従業員は訓練されており食事もgoodだったしサービス満点だった。温泉も硫黄泉でお肌がつるつるになった。朝9時ホテルの前に1m間隔にずらりと並ぶ従業員にと見送りされてホテルを後にした。6mのコケシが入り口に2本ならぶコケシ館を見学した後、大正ロマンの香りが漂うという銀山の温泉街を散策した。


お昼近く東根のサクランボのファームへ行った。今年は佐藤錦ははずれ年だということでサクランボの木は高砂とかナポレオンだった。低いところにサクランボはなっておらずお転婆な私が脚立に登って取る役目それでも50個は口に入れたかなぁ。なかなかおもしろい経験だった。

| | Comments (0)

July 06, 2007

サクランボ狩り①

先日下田へ友人と行ったとき2004年に松崎でイチゴ摘みをしたのを思い出して話していたら『サクランボ狩りも面白いんだって』と友人の一人が言い出した。へぇ~!それも面白そうと思っていたら仲間の一人がさっそくツアーを見つけてくれた。もうサクランボももう終わりらしく最後の企画とのことだった。温泉一泊だというので最近疲れ気味の私はサクランボもさることながら温泉が嬉しかった。私はなんか近場を想像していたのだが上野からバスに乗ること6時間、山形の鳴子峡を見た後鳴子温泉に泊まることになった。

| | Comments (0)

July 05, 2007

お疲れ様でした!

水曜日は講座の日。昨日は アルベール・カミュ の講義だった。アルジェリア出身のカミュの略年譜がまず話された。続いて3つの代表作の『異邦人』『ペスト』『転落』の紹介とそれぞれの作品の違いが解説され何よりも講師が若いのにもかかわらず情熱的に語られたので嬉しかった。3作品は40年前に読んだ。読んだと言うだけであまり印象に残っていなかったのだがこの講義を聞いてもう一度読みたいなぁと思った。そして最後の読書案内では彼の作品に対する参考文献も呈示して下さった。充実した2時間であった。

ところがである。拍手で講義が締められた後、受講者者達が三々五々に部屋を出る。講師はまだ部屋の中で受講者の質問?を受けていた。部屋の外に担当者が3人いて口々にあきらかに受講者に対して「お疲れ様でした!」と言っているではないか!え~!それって講義をされた講師に対して言う言葉なのでは?と奇異に感じた。私たち受講者に言っているとすると「つまらない講義を聞かせてしまって申し訳ありません。お疲れ様でした。」ととれる。最近の言葉の意味は違っているのだろうか?

| | Comments (0)

July 04, 2007

岡島へ投票しよう!

朝9時K♪さんからコール。zip/ postal code ってなぁに?MLBがオールスターゲームのにおける各リーグの最後の出場選手「32番目の男」を決めるファン投票を受け付けていてアメリカンリーグでレッドソックスの岡島を32番目の選手にするための投票用紙にそれを記入しなければならないらしい。日本の郵便番号入れてもダメだよね?私もやってみたらちゃんと日本の郵便番号で大丈夫だった。何回でも投票OKなので5回投票。投票期限は日本時間7月6日午前7時!32番目の男になれるかなぁ?

| | Comments (0)

July 03, 2007

はからめ②

まさしく「葉から芽」だった。歯の裏から白い根がのびて長いところでもう5cmくらいも伸びている。これはセイロンベンケイソウというカランコエ科の観葉植物らしい。花が灯籠の形に見えるところから灯籠草とも・・・また沖縄あたりでは「マザーリーフ」「ハッピーリーフ」とか命名されていると言うこともわかった。とにかく成長ぶりがカワイイ。Smg_002_1

| | Comments (0)

July 02, 2007

佐倉の味噌

佐倉に住む友人から味噌を送ってもらって以来この味噌のファンになってしまった。昨日シュラスコパーティーに行った時スーパーで買ってきた。パーティーに来ていらしたおばあちゃまからこの味噌を使ったお茄子の漬物を教えてもらった。小さい丸茄子がなければ普通の茄子を一口大に切り、200ccの水に小さじ1杯の塩の濃度の食塩水に茄子が顔を出さないように1時間漬け込む。その茄子をギュッと搾って味噌+和からし+みりんで溶いたたれに漬け込む。今日は早速作ってみた。おいしい。そのおばあちゃまは泡雪寒も作って見えた。昔はお正月というと必ずこの泡雪寒を作ったものだけれど懐かしくいただいた。最近はお料理をあまりしない私だがおばあちゃまを少し見習わなければと思った。

| | Comments (0)

July 01, 2007

シュラスコパーティー

先日、佐倉のパッションフルーツのファームに行った時、シュラスコパーティーに誘われた。こういうパーティーが大好きな私は二つ返事で出席した。12時近く草ぶえの丘近くのファーム到着。既に20人近くが集まり辺りには肉を焼くにおいが立ちこめていた。炉の上で肉やらソーセージやらコラソン(鳥のハツ)トウモロコシを始めとして野菜をダイナミックに男性が焼いていた。このグループは佐倉の駅近くでポルトガル語を勉強する人たちが中心になって毎年夏開いているという。肉の他にもフェージョン(ブラジルのインゲン豆)ありファロファ(タロ芋の粉をソティーしたもの)ありコービ(ケールをソティーしたもの)あり、手作り持ち寄り食品ありで美味しく頂戴した。みんなに紹介され色々な職業の人たちや年代の人、南米の人とコミュニケーションできて面白かった。

今年のパッションフルーツは豊作で40000個収穫予定だそうだ。

| | Comments (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »