« May 2007 | Main | July 2007 »

June 2007

June 30, 2007

トリュフのソース

去年クロアチアへ出かけたときこの辺はトリュフの名産地です。と説明があって私たち同行の4人組はどこかに売っていないのかしらと探したけどどこにも見あたらず残念に思っていた。でもその中の一人がこの4月に南イタリアでゲットしたというトリュフのソースをご馳走してくれた。ベネチアングラスでレモンチェッロを飲みながらトリュフ独特の香りがするそのソースをクラッカーにつけて皆満足、満足!そのあとはエビとパプリカのソティー、ポルチーニとエリンギのタリアテッレクリームソース!もてなし上手な友人のイタリアンにすっかり酔ってしまった一日だった。

| | Comments (0)

June 29, 2007

アサガオに魅せられて

西洋アサガオに魅せられて今年もまた3月終わりから大量の種を蒔き一喜一憂しながら我が家はアサガオだらけである。友人も私がアサガオが咲いていればご機嫌だろうからと種やら苗やらはたまた大きな鉢まで届けてくれる。私はネットで家の周りをアサガオで張り巡らせようとするのだがこれは天候との戦いがある。なかなか思うように咲いてくれない。西洋アサガオは気温が低いと朝早くから夕方まで咲いてくれる。1週間前に一度5時まで咲いていたことがあったけれど最近はお昼近くになるともうしぼんでしまう。今年もまた気温が高いせいか既についていた蕾も黄色く変色しポロポロと落ちているものも多数見られる。ルーフガーデンのアサガオなどは気温が30℃近くになれば地面の温度がおそらく40℃近くまであがるので難しい。それで毎年七草の籠やらペットボトルにも仕立てるのだがこれがなんとか咲き始めている。ただし土の量が少ないので花は小さめである。でもなかなかこれも可愛い。

| | Comments (0)

June 28, 2007

重箱の修復

40年前持たせてもらった漆器のうちお重が今年の正月に使ってしまうときに少し傷んでいるのを見つけた。輪島へ修理に出していたのだが5ヶ月たって新品のようになって戻ってきた。漆の香りが少しくする。さっそく輪島へ電話をした。今年初め3月25日の能登半島地震があったときはひょっとするとあのお重もさらに損傷してしまったのではと思っていたと話したら、幸いなことに店はたいした被害がなかったとご主人が話された。もうしばらく広げて空気にあてると漆が固まりしっかりしますとのことだった。来年のお正月このお重になにを入れようかと楽しみだ。

| | Comments (0)

June 27, 2007

Georges Simenon

渋谷区の西洋文学講座を受講している。6・7月は「フランス文学の原風景」と題して早稲田大学の仏文の先生が講義をしてくれている。それぞれがフランス文学の歴史と言った固いテーマでなく色々なジャンルのなかでのわかりやすい話なので面白い。今日はフランス推理小説小史だった。Georges Simenonというベルギー生まれの作家を中心にフランスの推理小説の系譜を話して下さった。メグレ警視という番組をTVで見たことがあるがその作者であるということだ。そして英米・日本の推理小説がトリック中心であるのに対してフランスのそれはトリックにはこだわらず犯罪はどのように起こったのかというものが多いのだそうだ。大学の講義は単位を取るものだから・・・と言うような感覚だったがこういう講義は気楽に聞けていい。Smorning_042

| | Comments (0)

June 26, 2007

ラディッシュ

表参道までウォーキングしてクレヨンハウスで野菜のランチ。ここのレストランはお子ちゃまが多く賑やかだけど、有機野菜と玄米ご飯がいい。帰りに外のショップで大きなラディッシュを買った。ラディッシュは絵になる野菜だ。こかぶ位の大きさなのでスがはいっているかな?と思ったけどそんなことはなかった。柔らかく少し辛みがあるのも気に入った。Morning

| | Comments (0)

June 25, 2007

明治神宮 菖蒲田

午後から雨もあがったので明治神宮に行った。そういえば花菖蒲はどうかしらと思って大鳥居をくぐって菖蒲田へ行ってみた。受付で聞いてみたら15・16日が盛りでしたがまだ2000本は咲いていますよ。とのことだった。今年は花数が多く1万本もの花菖蒲が見事だったらしい。

確かに咲いていた。群れをなして咲いてはいなかったが一輪一輪はとても美しかった。002_1 001

| | Comments (0)

June 24, 2007

ネジ花

クレマチスの2番花が咲くようになってきた。ドクター・ラッペルとカイゼル両方とも濃いピンク系の色合いだ。テキセンシス系のスカーレットとレディバードジョンソンは息長くまだ花がどんどん咲いている。

気候がいいせいかプランターの中の植物と一緒に雑草もどんどん大きくなっていく。先日「すずめのかたびら」かしら?と思って抜いた草、ちょっと違うかなと思ってまた埋めておいた草からピンク色の花が咲きだした。なんとネジ花だった!よかった。きっと何かの苗についてきたのだろう。こういう不意のお客様もうれしい。Smorning_035_1Smorning_036Morning_038 Morning_019

| | Comments (0)

June 23, 2007

東京ミッドタウン

3月30日に六本木の防衛庁の跡地に東京ミッドタウンがグランドオープンした。友人たちは早くも出かけて色々と情報が入る。遅れること3ヶ月、今日は友人3人と連れだっておのぼりさん!行ってみて初めてこんな広大な敷地だったのかと驚いた。桧町公園とガーデンはミッドタウンの40%をしめるスペースだとか!桜の木他の高木はもともとあったものなのだろうか?四季折々にここでグリーン&フラワーが楽しめるだろう。

夕食はテラスで懐石料理を楽しんだ。涼風に吹かれながら次第に暮れなずんで行く東京を眺めながら次々と運ばれるお料理をいただく。会話もはずむ。至福の時を過ごした。Smorning_018Smorning_035

| | Comments (0)

June 22, 2007

ビデオの編集

ITC東京クラブ30周年の折撮った2時間半のビデオ、いよいよ編集することにした。カメラとPCは4ピンのアイリンクケーブルで結んだ。そしてWindowsのMovie Makerで作成した。ところがどうやらこれはPCでしか見ることができないらしいとわかったのでVaioのPCの中のソフト''DVgate Plue''を使うことに。ところがなんか物足りない。化粧道具が少ないと言うことがわかった。

そこで大分前に使っていた''Adobe Premiere Pro''を探した。これは英語版なのでちょっとわかりづらいのだがインストールすることに・・・PCをフォーマットしてしまったのでシリアルナンバーがどこを探してもない。そこで外付けのハードディスクを丁寧にチェックしてみたらありました!

今日はタイムラインに書き出すことが出来た。あとはお化粧かな?Pro_1

| | Comments (0)

June 21, 2007

枇杷

散歩のコースに千駄ヶ谷の能楽堂がある。この裏手の家に大きな大きな夏みかん?の木があっていつも年が明けると大きな橙色の実がぶら下がり始める。時々お庭のあちこちにこの実が転がっている。このお家の方は夏みかん食べないのかなぁと余計なお世話を通りがかりに想っていた。今日も前を通りかかったら初めてこちらの奥様がお庭にいらした。なんとなく目顔でご挨拶をしたら手に持っていらした枇杷の実を「どうぞ!」と下さった。枇杷の木は通りから全然見えなかった。そこでいつもこの夏みかんの木を眺めておりましたと、お話しした。よくよく見ると金柑程度の大きさの緑色の実がその蜜柑の木の葉陰に見え隠れしていた。

決して大きくはない枇杷の実だったが甘くジューシーだった。

| | Comments (0)

June 20, 2007

男性の魅力って?

先日、異性のどこに惹かれますか?という番組があった。女性である私としては男性に惹かれるところは「手」というか「指」なのだがその番組のなかでも「手」をあげた人が多かった。「指」というのは母親の胎内で1ヶ月位経つと形成してくるのだそうで、男の子はテストロンという男性ホルモンが働いて手が長く伸びてくるということだった。

ところで最近私が気になる男性はクリストファー・ヒル米国務次官補。あの人がTVに出てくるたびにドキドキしてしまう。あの飾り気のなさがたまらない。きっと家の中でもいいパパなのだろう。なんか乳母車を押している姿さえ想像してしまう。まぁそんな幼子はいないだろうけど・・・今、日本に滞在中!ちょっと追っかけをしてみたいけど無理でしょうねぇ。Smg_014

| | Comments (0)

June 19, 2007

ITC東京クラブ30周年記念の集い

会員35名がお客様68名をお迎え午前11時半より国際文化会館で開宴した。会食の後いよいよ「東京クラブ30年のあゆみ」のプレゼンテーションを上映した。分配器を使ってスクリーン二つへの上映で片方のスクリーンが鮮明でなく残念だったがスタジオ録音したナレーションとKさんのCDからアレンジしてもらったBGMがマッチして良い評価を得た。終わってホッとした。Sanniversary_126_1

| | Comments (0)

June 18, 2007

アンリ・カルティエ=ブレッソン展

銀座へ空也の最中を買いに行った帰り、近代美術館へアンリ・カルティエ=ブレッソン展を見に行った。彼自身は'04年に亡くなったのだが、彼の親友ロベール・デルピエール氏によると''De quoi s'agit-il''とはアンリが生前良く口にしていた言葉で相手がどうにもはっきりしないときにしばしば口にしていた「いったい何が言いたいの?」というフレーズだが、この展覧会で''De qui s'agit-il''「彼はいったい何者なのだ?」を知らせる展覧会でありたいという意味からこのフレーズをこの回顧展のテーマとしたという。彼が世界各地を旅しながら撮った写真を眺めていて彼の暖かい心を見ているような気がした。最初絵を志し写真家となったアンリだが'70年頃からまた絵を描き出したという。そのデッサンも沢山展示されていた。

「写真とは瞬時の動きであり、デッサンは思索なのだ。」Henri Cartier-BressonSmorning_glory_006_1Smorning_glory_018Smorning_glory_022


| | Comments (0)

June 17, 2007

はからめ

先日佐倉へパッションフルーツを栽培しているところへ行ったときオーナーのUさんがこの「はからめ」育ててみませんか?と言って葉っぱを3枚いただいた。水栽培していると芽が出てくるという。丁度一週間前のことだった。今日まですっかり忘れていた。ふと思い出して、水がなくなっているのではとあわててプラスチックのケースを開けたら葉の節目節目から白い根が出てきている。それも小さい葉一枚だけ・・・これから芽が出てくるのかな?そうでなければ「はからめ」ではないもの。Smorning_glory

| | Comments (0)

June 16, 2007

ニューヨーク ニューヨーク

NHKのBSで放映しているニューヨークまるごと72時間が面白く楽しい。美術館あり街角探訪ありマンハッタンに太陽が昇るのを待つというような企画もある。少しずつ明るくなるNYこれほどNYが身近に感じることができるなんて素晴らしい。''Kiss me Kate'もブロードウェイに行かなくても今夜見られる。朝は朝で全米オープンがあるし睡眠不足が続きそう・・・8__3 9__2 12__1
10__2


| | Comments (0)

June 15, 2007

八竹

1か月に一度は四谷三丁目の八竹の寿司を買って会合に持っていく。茶巾寿司と穴きゅう3切れが定番。朝電話するとあちらの女将さんも私の声を覚えていてくれて皮でお包みするのですねとくる。皮とは経木の薄いもので包むこと!これで包んでもらうと食べた後の処分もしやすい。そして値段もいくらか安い。今日は定番に鯛の大阪寿司も加えてもらった。鯛の薄さと〆具合が実によくおいしかった。でもちょっと分量が多かったかなぁ?

| | Comments (0)

June 14, 2007

プレゼンテーション試写会

今日は東京ウィメンズプラザ第2講師控え室でプレゼンテーションの試写会をした。ここはスペースは広くないのだが暗室が作れるのでプロジェクターでプレゼンテーションを見るのに最適。9時から12時まで600円というのも安い。BGMの音の高さを決めるのに意見が分かれたけれどとにかくほぼ完成の域に達した。Smaracuja_072_1Smaracuja_073_1Smaracuja_074_1


| | Comments (0)

June 13, 2007

潮騒を聞きながら・・・

2日間下田のホテルでゆっくり温泉に入ったり美味しいお料理をいただいたりのんびり過ごした。朝ご飯を済ませてプールサイドでカード遊びをした。1_8 2_8 3_8 4_8

| | Comments (0)

June 12, 2007

下田 あじさい園

下田公園は伊豆急下田駅から徒歩20分の丁度良いお散歩コースにある下田公園が紫陽花で埋め尽くされる。紫陽花の種類も多くゆっくり楽しめた。惜しむらくは快晴であったことかも・・・16 7_28_29_1101112131415

| | Comments (0)

June 11, 2007

河津 バガテル公園

一昨年パリに行ったときホテル近くのブローニュの森の一画に位置するバガテル公園に行った。クジャクが放し飼いされる広大な敷地のローズガーデンを楽しんだ。バガテルとはフランス語で「小さくて愛らしいもの」という意味なのだそうだ。

河津駅からバスで10分あまり河津バガテル公園は、パリのバガテルローズガーデンを再現しているらしい。エントランスにフランスの国旗も立てられていた。これからバラも育ち年々素晴らしくなるに違いない。1_72_73_74_75_76_4

| | Comments (0)

June 10, 2007

パッションフルーツ

ポルトガル語を教えている友人が佐倉にパッションフルーツを作っている生徒がいて今ならまだ花が見られるよという情報を得てその花を見に行った。都心から東関道を1時間、佐倉インターを出て草ぶえの丘の近くにその農園があった。ビニールハウスの中にすでに熟しかけているパッションフルーツのなかにひっそりと花が咲いていた。4~5月が満開なのだそうで今からの花は果実のためにはあまり良くないらしい。今年は例年になく豊作で一本の木にたわわに実っていた。そうこうしていたら土砂降りの雨が始まった。そこでオーナーのおもしろい?苦労話を聞くことになった。Smaracuja_017 Smaracuja_018Smaracuja_020


1時過ぎ雨が小降りになったところで農園を辞し、草ぶえの丘のバラ園を見に行った。バラは盛りを過ぎてはいたがバラの仕立て方がとてもよく来年もう一度ここに来たいと思った。Smaracuja_033Smaracuja_041Smaracuja_043Smaracuja_069

|

June 09, 2007

家猫の起床時間が早い。今朝寝室のドアをかりかりたたいてニャーニャー啼いて私を起こしてくれたのはなんと3時半!もうちょっと寝かしてとばかり狸寝入りを決め込むのだが敵もさるものますますニャーニャー啼く。仕方なく起き出して餌をやる。なんか目が冴えてしまったのでTVをつけたら全仏のダブルス決勝戦をやっていた。ローランギャロの会場は殆ど人がいない。何か変だなぁと思ったら男子シングルの試合が長引いて遅くなり開始が7時半過ぎとなり観客が帰ってしまったらしい。杉山組残念!ストレートで負けてしまった。

今日は一日眠かった。Smg_002

| | Comments (0)

June 08, 2007

第45回PABF選手権大会

インドネシアのバンドンで6月4日から13日までブリッジの大会が行われている。日本からもオープン・シニア・レディースと代表を送っている。試合の結果は上記のHPに掲載されているのだがその試合経過がBBOのサイトで直接観戦できる。便利な世の中になったものだとつくづく思う。解説も日本人の先生方がしてくださるので参考になる。今晩のオーストラリア戦。オープンルームをのぞいたりクローズドルームをのぞいたりおもしろい。

| | Comments (0)

June 07, 2007

レースを編んだ犯人は誰?

朝いつものように水やりをしていたらアサガオの葉がレース状になっている。よくよく見ると葉の上に黒い点々もある。なんだろう?葉を裏返してみたら青虫が・・・そういえば最近蜂やらチョウチョウが良く飛んでくる。今日はモンキチョウまで飛んでいたのでかわいいなぁと眺めていた。これも命をつなぐ営みなのだ。Swarms_001

| | Comments (0)

June 06, 2007

早寝早起き

春先まで遅寝遅起きの典型だった私もこの時期早起きになる。ルーフガーデンの花たちが気になるからだ。今日はヘブンリーブルーが6つ咲いた!と小さな子供の様に数えて喜んでいる。そしてプランターの位置を変えてあぁでもないこうでもないと楽しむ。

ダイアンサスブラック&ホワイトが満開になり嬉しい。これは宿根性なので二株は残っていたのだがどうも元気がないと先日のバラとガーデニングショウで買い足したら従来の物も元気になってきた。セラスチウムも株分けしたのがあちらこちらに根付いてきている。こぼれ種の勿忘草も色を添えてくれている。

夜は夕食を食べるともうウトウトしてしまう今日このごろである。

| | Comments (0)

June 05, 2007

中華ランチ

昨日と今日、二日続きで中華ランチを食べた。昨日は「猪八戒」という市ヶ谷と千駄ヶ谷に店舗を持つ上海飲茶レストラン。TVでも小龍包が美味しいと紹介されたこともある。昨日は日替わりランチの「茄子の肉味噌炒め」ちょっとピリ辛でおいしかった。あとシュウマイ1個、ザーサイ漬物、スープ、杏仁豆腐。値段は750円だったかな?今日はあちらこちらに店舗のある「隋園別館」。午前中新宿御苑に百合の木を見に行き、新宿門をでてすぐの所にある新宿店に。ランチはいろいろあるけど今日食べたのはAランチ(750円)で小龍包3個、香港チャーハン、冷やし中華、スープ、杏仁豆腐だった。チャーハンが特別においしかった。どっちがお薦めかといえば難しい。メニューの多さから言うと隋園別館のほうかな?Sipomoea_001

| | Comments (0)

June 04, 2007

やまあじさい くれない

かわいらしい紫陽花が咲いているから見にいらっしゃい!と叔母から電話があった。花かご仕立てのアサガオを持って出かけた。叔母は最近同居していた孫が結婚して出て行ったので一人暮らし。なにかと電話がかかる。居間の前庭にこの紫陽花があった。これは最初白い花でそのうちに赤みが射して来ると言う。叔母もこれは目黒の大伯母にもらったのだそうだ。帰って調べたらやまあじさい「くれない」ということがわかった。ほんとうに可愛い。挿し木して我が家でも是非咲かせたい。Sipomoea Sflowers_008

| | Comments (0)

June 03, 2007

''花咲かホルモン''正体発見

植物の花を咲かせる物質「花成ホルモン」(フロリゲン)の正体を突き止めたと今朝の日経新聞の「かがくCafe」欄に出ていた。その存在は70年前にわかった折、世界の研究者が発見を競っていたのだそうだ。このホルモンを水に混ぜて根から吸わせたら思いのままに花が咲くらしい。大発見!コスモスとチューリップを同時期に咲かせることもできるということだろう。商品化されるのが待たれる。013

| | Comments (0)

June 02, 2007

早慶戦

朝からブンブンとヘリコプターが上空を舞う。どうやら神宮球場の周りに列をなすお客さんの取材ヘリらしい。今日は伝統の早慶戦。ニュースを見ると昨日の朝から並んでいるという人もいた。早稲田が勝つと早稲田の優勝ということになるらしい。午後は1時からTVの前に陣取る。といっても他に誰もいないのだが・・・結果は7対3で慶応の勝ち。明日は斉藤君の先発かな? 1_62_63_64_66_35_6


| | Comments (0)

June 01, 2007

ヘブンリーブルー開花

2・3日前からヘブンリーブルーの蕾がふくらんで今日は多分咲くだろうと今朝は5時半に眠い目をこすりながら起きルーフガーデンへ。一つ咲いた!大きい青い花だ。感動!なんか色々と方向を変えて写真も撮った。うれしい。'' Ipomoea Tricolor 2007''のHPも開設した。Sflowers_010

| | Comments (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »