« ルーフガーデンに春が・・・ | Main | ブリッジの本 »

February 11, 2007

西王母

学生時代に西王母の仕舞いを舞ったことがある。だからと言うわけではないのだけれど20年ほど前「西王母」という品種の椿の小さな苗をを買った。日陰に植えたのでなかなか丈は高くならずどちらかというと横這いの感じで大きくなり花は沢山つける。そして寒くなり始めると咲き始める。

西王母というのは、中国の古代神話に出てくる仙女で、不老長寿の桃園を持ち、その桃の実を食べれば3千年生きられるといわれている。3月の桃の節句にも、そのいわれで「西王母と桃」の画像の掛け軸を、女の子のお祝いとして掛けることもあるらしい。その桃の実にあやかって、桃色の花を咲かせるこの椿が西王母と呼ばれているそうだ。なにか上品な花の姿が気に入っている。Shina_005

|

« ルーフガーデンに春が・・・ | Main | ブリッジの本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ルーフガーデンに春が・・・ | Main | ブリッジの本 »