« アンナ・ド・ノアイユ | Main | ラスベガス② »

September 15, 2006

ラスベガス①

20年というと半端な数字ではない。
ラスベガスはまったく変っていた。
以前来たときはグランドキャニオンへ
のゲートウェイだった。ショウといえば
そっくりさんショウに行ったっけ!

それが今やというか20年の間に巨大な
ホテルが立ち並ぶ。ここにいれば世界を楽しめる
のだ。エジプト、パリ、ローマ、ニューヨーク,
ベニスetcその土地をイメージしたテーマをもったホテルだ。
それぞれが劇場をもちエンターテインメントを用意し
ショッピングモールがある。もちろんギャンブルも・・・
リゾートを過ごすゲスト達のニーズを満たして余りある。

それにしても一つのホテルが巨大なのでそこを探索していたら半日はゆうにかかる。ホテルの中の移動もホテルtoホテルも大変。
大通りは車のラッシュ歩くのが一番早いかもしれない。

過ごしているホテルはBellagioイタリアのコモ湖にも
あるのだそうだ、湖も人工的に作り音楽にあわせた
噴水ショウが15分おきにある。夜は圧巻部屋の中から
音楽は聞こえないのでTVのホテルチャンネル
で音楽を流しながら見る。

一番最後深夜のメロディーはもちろん「星条旗よ永遠なれ」

|

« アンナ・ド・ノアイユ | Main | ラスベガス② »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« アンナ・ド・ノアイユ | Main | ラスベガス② »