« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

September 30, 2006

ジャズダンス

友人のお嬢さんがジャズダンスの公演をするというのでT子と都立大学前で待ち合わせをして目黒のパーシモンホールへ行った。7時に公演が始まった。迫力のある舞台で若さに圧倒された。私はフレッド・アステアやジーン・ケリーに憧れていて(古いなぁ・・・)次に生まれ変わるとしたらダンサーになりたいと公言?しているくらいだからダンス大好き。汗が吹き飛んでくるような前から2番目の席に陣取って1時間眺めた。7人のダンサーが舞台狭しと踊り回る。見ていたらこちらまで動いていた様な気分になりおなかが空いた。

昨夜、T子はお泊まり。朝食はルーフガーデンで!暑くもなく寒くもない今の季節、外で食事するのが一番気持ちがいい。ラスベガスの話やら育てている植物の話、着物地でバッグを作る話などいつもながら彼女との会話は楽しかった。

| | Comments (0)

September 29, 2006

コード

部屋の整理整頓、お掃除はしても気になるところが一箇所ある。居間にテレビ、ビデオ、DVDとCATVのデッキのコードと通信回線のコードがグレーやら黒やら白やら、細いのやら太いのやらゴチャゴチャになって見え隠れしている。おまけに家電と通信のコードは一緒に束ねてはいけないらしい。なんとかならないかなぁ。丸くて太いプラスティック上の筒みたいなものでところどころ穴が空いているような器具売り出したら儲かるだろうなぁ!

| | Comments (0)

September 28, 2006

SMAP

東京ドームを通りかかったらSMAPのコンサートがあるらしく人がいっぱいだった。並んでいる人を見ると若い女性が99%。私も見たいなぁと思ったけどダフ屋から切符を買う勇気もなく行きすぎた。最近のキムタクのギャツビーのコマーシャルに浮かれているせいか生のキムタクを見てみたい気がするのだが・・・

| | Comments (0)

September 27, 2006

実生のシクラメン

実生のシクラメンの花が咲いた。もう少し大きな鉢に植え替えた方が良いのだろうか?

このところ涼しいからか植物が元気になってきた。西洋アサガオこそ終わりに近づいてきたけれど、琉球朝顔は7月末に挿し木したものも花芽が沢山だし友人が送ってくれた琉球朝顔の方も10m伸びて屋上でまた花芽がついてきている。霜が降りるまで元気に育って花を楽しませて欲しい。Sr0014729

| | Comments (0)

September 26, 2006

栗きんとん

朝食にヨーグルトそれに昨日いただいたルバーブのジャムをかけて食べた。甘酸っぱく美味しい。軽井沢でルバーブを買ってきたのだという。そういえば昨日お食後にいただいた栗きんとんも美味しかった。栗を茹でた後すり鉢で摺って布巾でつつんで作ったのだとのこと。適度に栗の固形が残っていた食感が良かった。栗きんとんは今まで松月堂のしか食べたことがなかった私としてはビックリ!さっそく栗拾いに行くことになった。そして作ってみよう。すり鉢はないのだけれど・・・

| | Comments (0)

September 25, 2006

お庭を見ながらお食事

千葉の友人の家へ出かけた。7~8年前にうかがったときまだおうちの前はねぎ畑だったが今は6階建てのマンションを建築中だった。ずいぶん変わるものだなぁと感じた。

お昼には餃子を手早く作って焼いてくれた。フードプロセッサーで野菜を細かくするのがコツなのだそうだ。私はフードプロセッサーもないし餃子はもっぱらデパートのものだなぁと反省。焼きたてのホカホカの餃子ってこんなに美味しかったんだ。レンコンの煮たの、おからの煮たの、キクラゲの炊いたのも美味しかった。最後に姫路の昇竜軒というところのとんからラーメンが出た。細身の麺でスープが美味しかった。

おなか一杯になったところでブリッジ20ボード。あちらこちら開け放たれた戸口から部屋に風が適度に吹き込んで気持ちよかった。

お土産に挿し木で育てて下さっていたつるバラ、万両、クレマチス、ジャスミンをいただいて帰った。

| | Comments (0)

September 24, 2006

ラスベガスの写真

ラスベガスの写真をHPへアップしようと思いつつなかなか取りかかれなかった。今日は朝から写真の整理。眺めていると色々思い出して楽しい。ガイドブックなども取り出して読んだりしてしまう。今回は日時別に分けるのではなく泊まったホテル、他のホテル、エンタテイメント、夜の景色と四つに分けてみた。コメントを入れようとしたらなんか眠くなってしまった。まだ時差ボケがあるのかなぁ?

| | Comments (0)

September 23, 2006

パパイア

沖縄産の青パパイア一個を買った。青パパイアは野菜だ。半分に割ったら、中は真っ白で空洞、種が一つもない。9月中頃、「所さんの目がテン」という番組でこの特集をやっていて、種なしの実ができることがあり割ってみないとわからないと言っていたのだけれどそれがどうしてこういうのが出来るということを番組では話していた様に思うのだがそれがどうしても思い出せない。

とにかく今日の夕食はソムタムとパパイアイリチー(豚肉とのソティー)。4分の1は醤油と酒で粕漬け風お漬物を作った。インターナショナルなパパイアづくしの夕食になった。

| | Comments (0)

September 22, 2006

葡萄

葡萄が果物売り場に色々並ぶ季節になってきた。夏の始まりに出るデラウェアも好きだけれどこの時期の大粒の葡萄も美味しい。巨峰が一番美味しいのかと思っていたらそのほかにも藤稔、ピオーネ、甲斐路、ロザリオなどあれこれ買ってしまう。飾っておくのも様になる果物であることもうれしい。Sr0014678

| | Comments (0)

September 21, 2006

彼岸花

家の外へ出るとどこからか木犀の香りが漂ってきた。陽差しは強いけれど雲は秋のそれだ。

久し振りにT子に会った。私の大好きな彼岸花を3輪持ってきてくれた。うれしい。私はわすれな草、ジキタリス、花手鞠などの苗を持っていった。真っ赤な彼岸花いつ咲くかしら?Sr0014661

| | Comments (0)

September 20, 2006

佐野末四郎

夜早く床についたせいか4時半過ぎに目が覚めた。枕元に置いてある小さなラジオをつける。NHKのラジオ放送の「心の時代」で<さのすえしろうと言う人の話をやっていた。江戸時代からある木工の技術を持った人らしい。今の若い人は簡単に技術を身につけそれが金になるような仕事でないと取り組まないから後継者は作らないと言い切っていた。へぇ~!70代の人なのかなぁと思った。

朝、インターネットで検索すると佐野末四郎という1958年生まれの人だった。江戸時代から8代続く造船所の生まれであることも知った。

「職人にとって何が大事かというと、誇りを持つことだ。」という佐野末四郎に続く若い人はいないのだろうか?

| | Comments (0)

September 19, 2006

ラスベガスから東京

荷物を昨晩の内に片づけておいたというものの6時に起床ができるかどうか不安だった。目覚ましでとにかく起床。チェックアウトを済ませるとタクシーで空港へ。サンフランシスコへ向かう飛行機のお隣はなんとDealer!18才と16才の二人の娘のお母さんだとのことだった。キノというゲームのDealerだそうだ。儲かりまっか?とたずねたら、首を振っていた。

日本へ向かう飛行機の中では''Inside Man''面白かった。こんな映画久し振りに見た。DVDにあるのかしら?ゆっくり見てみたい。あの刑事のスキンヘッド良かった!

他の飛行機の中の時間つぶしはミリオンムック社の「漢字で遊ぼうPUZZLE」80%仕上げた。もう一冊同じシリーズ「カラフル ナンプレPUZZLE」ほとんどやらなかった。

| | Comments (0)

September 18, 2006

ラスベガス④

ラスベガスはホテルを回るだけでも楽しめる。「Venetian」では内部でゴンドラがゆく。運河の回りはショッピングモール。大道芸、オペレッタも広場で演じられている。「Luxor」はさながらピラミッドの内部が空洞ならばさもありなんと壁が斜めに切られている。外には巨大なスフィンクスがピラミッドをまもっている。「Paris」ではエッフェル塔にも昇ることも出来る。「Newyork Newyork」はあの自由の女神像に圧倒されたし「Rio」の中ではカルナバルさながらのパレードも行われる。「Wins」のガーデンには花を散りばめた直径50cmから1mに及ぶ色合い毎のハンギングボールがホールの樹木に吊り下げられている。「Caesar's Palace」のフォラムショップスお台場のVenus Fortが真似をしたらしいが天井の空は1時間毎に変わる。ミニステージでは謎の大陸アトランティス物語を見た。「Bellagio」の室内ガーデンは世界の建物のミニチュアが置かれそこに小さい電車が走り回っていた。いた!というのは17日夜から''Seasonal Change''をするためにそのスペースに工事車が入り惜しげもなく片づけていたからだ。金曜日にハロウィーンバージョンに変わるらしい。

10時半からシルクドソレイユの''O''を見にいった。Bellagioのカジノの傍らに劇場がある。深紅の幕がさっと後ろに引かれると舞台は湖!そこでシンクロナイズドスウィミング+ダイビング+サーカスが・・・舞台は水が引いたり満ちたり一体どうなっているのか?公演は12時を回って終わった。

| | Comments (0)

September 17, 2006

ラスベガス③

風が工事中のほこりを巻き上げる。古いホテルを取り壊し
またまた新しいホテルを建設している。どこまでこの町は
発展していくのだろうか?

日本もこんなリゾートを作ったらどうなのだろう。
それにしても日本人は少ない。中国人は多い。
石原さんが日本にもギャンブルを許可したらどうだろうかと
言っていたけどアジアのお客さんがいっぱい来るのではないかしら?

''ka''

ネット予約していた書類を空港のbaggageclaimで待っている間
近くのofficeでticketと交換した。MGMホテルでの公演だった。
以前原宿でみた''alegria2''とまた違った内容。
「別れ別れになった男女の双子が・・・」
というストーリーがあるらしいがその迫力に圧倒された。

| | Comments (0)

September 16, 2006

ラスベガス②

白い猛獣達

MiragaホテルのSecret Garden 白い猛獣達がいた。
アルパカこれは猛獣ではないかな?白いトラ、ライオン、豹
日本にもいるそうだがホテルの中で飼われている。
トラは15~20年くらい生きるという。ライオンはもう少し
短いのだそうだ。うちの猫は?

今日が誕生日

MGMホテルで行われた何もなかったはずの箱の中から
オートバイに乗ってかっこよく現れたDavid。
黒いズボンに黒い靴白いTシャツ、水色の長袖のYシャツを羽織っている。
ごくごくなにげない服装だ。
今日は50歳の誕生日!とDavidが話した。
彼のマジックショウ最初から最後まで
驚きの連続。マジックってTVでなく目の前で行われると
非常にインパクトが強い。ましてかぶりつきの席では・・・

タッチしたしDavidの手は冷たかった!

| | Comments (0)

September 15, 2006

ラスベガス①

20年というと半端な数字ではない。
ラスベガスはまったく変っていた。
以前来たときはグランドキャニオンへ
のゲートウェイだった。ショウといえば
そっくりさんショウに行ったっけ!

それが今やというか20年の間に巨大な
ホテルが立ち並ぶ。ここにいれば世界を楽しめる
のだ。エジプト、パリ、ローマ、ニューヨーク,
ベニスetcその土地をイメージしたテーマをもったホテルだ。
それぞれが劇場をもちエンターテインメントを用意し
ショッピングモールがある。もちろんギャンブルも・・・
リゾートを過ごすゲスト達のニーズを満たして余りある。

それにしても一つのホテルが巨大なのでそこを探索していたら半日はゆうにかかる。ホテルの中の移動もホテルtoホテルも大変。
大通りは車のラッシュ歩くのが一番早いかもしれない。

過ごしているホテルはBellagioイタリアのコモ湖にも
あるのだそうだ、湖も人工的に作り音楽にあわせた
噴水ショウが15分おきにある。夜は圧巻部屋の中から
音楽は聞こえないのでTVのホテルチャンネル
で音楽を流しながら見る。

一番最後深夜のメロディーはもちろん「星条旗よ永遠なれ」

| | Comments (0)

September 14, 2006

アンナ・ド・ノアイユ

テレビのフランス語講座とときどき眺める。すっかり錆び付いてしまっているフランス語なのだがこれを見ると一時的にはまた勉強しなくちゃと思う。先日、アンナ・ド・ノアイユの「秋」を朗読していた。その一節

Voici venir le froid radieux de septembre : 九月の厳しい寒さがやってきた。
Le vent voudrait entrer et jouer dans les chambres ; 風は容赦なく部屋に入り遊ぶ・・・(拙訳)

今日はとても寒くてこれを思い出した。

プルーストの『失われた時を求めて』ゲルマント公爵夫人のモデル。プルースト、コクトー、ジイド、ヴァレリーらの文人、クレマンソー、ブリアン、ブルムらの政治家に至る広範な交友関係、その美貌、そしてその作品によって文壇の女王に選ばれ、女性ではじめてレジオン・ドヌール三等勲章を受章し国葬された、偉大なる女性詩人。 (著書「我が世の物語」による)

そういえば3月の終わりに国立近代美術館の藤田嗣治展でも彼女の肖像画(1926年頃制作)があった。今一度画集を開いて見てみると知的で魅力的な顔立ちだ。


| | Comments (0)

September 13, 2006

''モネ''と''ポポ''

今日は一日雨降り。猫たちも屋上に出られず互いを牽制しにらみ合っている。昔みたいに派手な喧嘩はしないものの時々思い出したようにかけっこをしている。きじとら''ポポ''は飼い主に似て気が弱くいつもよそ猫のクロネコ''モネ'に追い回されることが多い。身体は倍くらい大きいのに・・・Sr0014155

| | Comments (0)

September 12, 2006

レチノール配合美容クリーム

アメリカへブリッジの試合に出かけたのはもうかれこれ7年前のことだ。夜ディズニーランドへ遊びに行った他は朝から晩までブリッジの試合をした。その後シアトルへ行ったのも楽しかった。友人がベルビューを案内してくれた。きれいな町だった。その時初めて買ったのがこのレチノール配合の美容クリーム、当時日本ではレチノール配合化粧品はなくこのクリームに出会ってうれしかった。以来しわシミをとりますというこのクリームを朝な夕なつけているのだけど効果の程はどうだろうか?Sr0014125

| | Comments (0)

September 11, 2006

スタンド

午前中風もあり気持ちよかったので歩いて新宿の本屋へ出かけた。本って本当に色々あるので(当たり前なのだけど・・・)あれこれ見ているうちに3冊も買ってしまった。それからミロードを抜けて小田急へと歩く途中新しいお店''Natural Plenty''があった。和風なキッチンウェアが沢山置かれている。そこに鋳物で出来ているスタンドがあった。丁度ポトスをいただいたのでそれを飾るのに丁度いいなぁ!と思った。この店ほとんどの物が100円均一。一度のぞく価値あり。Sr0014129

| | Comments (0)

September 10, 2006

シュラスコ料理

表参道のブラジル料理店''Barbacoa''に行った。都内のシュラスコがメインのブラジル料理店はあちらこちら出かけているがここは初めてだった。入ると右手に来店した有名人の色紙が並んでいる。オシム監督のもあった。ブラジル人の間では美味しい店とされているところだ。ビュッフェもフェジョワーダにファロファ、コウビの炒めた物などブラジル風な料理が並び、まわってくる串焼きの肉も沢山はいただけなかったが美味しかった。特にクッピンと呼ばれるこぶ牛のこぶの部分が私は大好き!静かにながれるサンバのリズムを聞きながら優雅にディナーを楽しんだ。

| | Comments (0)

September 09, 2006

重陽の節句

中学時代、9月9日は何の日か?と担任で国語のO先生がたずねられた。生徒は誰も答えられなかった。その時重陽の節句を初めて知った。別名菊の節句とも言われるそうだが菊はお花屋さんの店先にはいつも売られているけれど、立派な菊ではなくて庭先にあるちょっと茎が曲がっているような色とりどりの小菊が好きだ。菊を摘んで花瓶に投げ入れて秋を感じたい。

| | Comments (0)

September 08, 2006

帯をバッグに・・・

母や祖母から譲り受けた帯地でバッグを作りたくて手元にある帯を叔母に見てもらった。叔母は懐かしそうにこれは母が結婚の時に大彦に作らせたものでよくお姉様がしめていらした.。こんな派手なのどんな着物を着たのかしら?私は全然着物に疎いのでまったく想像も付かない。この龍村の帯はお母様のもの。これに漆の着物を着ていらしたわ。いろいろ思い出話を聞かせてくれた。大彦の帯は路の夏物。これをトートバッグにしたらどうかな?あれこれ考えると楽しい。Sr0014104

| | Comments (0)

September 07, 2006

無国籍料理-ひき肉野菜包み

最初に教えてもらった時はインドネシア料理としてだったと思う。それが私流にドンドン変化してmyレシピーとなっている。食材は挽肉、タケノコ、椎茸、葱(玉葱、でも日本葱でも可)あればグリンピース、パプリカなど野菜は7mm角くらいに切り炒める。調味料はオイスターソース、ナンプラー、チリインオイル、醤油etc最後に納豆を混ぜ片栗粉を振りかけてまとめる。これをサンチュとか大葉、レタスなどで巻いていただく。今日は大葉一枚一円.。それも全く穴のないものだった!これって残留農薬は大丈夫?などと考えないで美味しくいただいた。Sr0014085

| | Comments (0)

September 06, 2006

朝顔鑑賞会

ハリケーンは関東地方を避けて通ってくれたものの今日は朝から生憎の雨だった。お客様が見えたときは少し小降りになり朝顔の現状を見ていただいた。例年にくらべて花数は少ないのだが、それでもきれいねぇとほめて下さった。

今日は皇室に男の子が誕生。それに連れ合いの誕生日だったのでお赤飯を用意した。お昼をはさんで4人でブリッジを4時過ぎまで・・・珍しいおやつのお持たせもいただきながら美味しく楽しかった。Ssr0014071

| | Comments (0)

September 05, 2006

朝のひととき・・・

タイガーが出場5連勝!強いタイガーが戻ってきた。朝からイイ気分。ネットでボストンの人とチャットして今日はボストンでタイガーが勝ったね、と話したら彼もタイガー贔屓で盛り上がった。

ポポはお父さんの膝の上で寝そべっている。お母さんのあんよはクッションも良いのでいつも居心地良く寝ているけど、こちらの方はしっかりと捕まらないと落ちそうだね。Sr0014056

| | Comments (0)

September 04, 2006

ブログシール

日産キューブのブログシールが面白そうなので昨日貼り付けて何度も更新して面白がっていたらどうもエラーメッセージが出て表示されなくなってしまった。ブログ上を自在に走り回るので気に入ってたのだけれど・・・今日は違うのを貼り付けてみた。何回目に来た。というのはちょっとうざいなぁ!

| | Comments (0)

September 03, 2006

デパートへ買い物

この夏グラスをずいぶん割ってしまった。今日は午後から補充のため車で新宿伊勢丹へ出かけた。私はイッタラのグラス・アールネシリーズが好き。時々ちょっと浮気をして違うグラスを買ってみたりするけれどやはりこのグラスに落ち着く。一個ずつ買えるのも良い。

それにしても伊勢丹はいつも混んでいる。大抵新宿ではOデパートやらKデパートそしてTデパートへ行くことにしているのだが伊勢丹の品揃えにはかなわない気がする。だからであろうか?何時行ってもここは非常に混雑している。

今晩のおかずは冬瓜の挽肉葛あんかけにした。夏のものなのに何故冬瓜なのかな?Ssr0013994


| | Comments (0)

September 02, 2006

ブラジルフェスティバル

笠戸丸で日本人781名がブラジルへ初めて移民したのが1908年、もうすぐ100年を迎える。100年を記念して今日本とブラジルの間で記念行事が色々と企画されているが今日の明治公園で開かれたブラジルフェスティバルはその第1弾だ。ブラジル大好きなおばさんは早速出かけた。会場の明治公園に近づくと早くもサンバのメロディーが流れてくる。もっと近づくと肉が香ばしく焼ける匂いが・・・舞台が青年館側に設けられブラジル製品の店、レストラン、旅行社、ブラジル銀行、ペトロブラスなどのブースも並んでいた。さっそく6日に誕生日を迎える連れ合いの為にカシャーサ(サトウキビから作られた焼酎)パルミット(椰子の新芽)の瓶詰めなどを購入、それからブラジルの典型的な軽食コシーニャ(鳥肉を蒸したモノを裂き味付けをしてパン粉をまぶして揚げた物)とパステウ(パイ生地に挽肉やらチーズを入れて揚げた物)をブラジル風にガラナを飲みながら食べた。懐かしく美味しかった。Sr0014016

日記・コラム・つぶやき | | Comments (0)

September 01, 2006

朝顔の花束

朝、水をまこうと思ったら雨が降ってきた。今日は一日雨かしら?花ばさみで朝顔を切った。朝顔の蔓カゴにブルーなアサガオ達美しい。Sr0014006

| | Comments (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »