« mission uchimizu | Main | PCの修理完了 »

August 22, 2006

夏には萩戸をたてる!

その家は70年くらい経っているということだった。山手線の日暮里駅から数分にもかかわらず静かな一角にあった。第二次世界大戦の爆撃にもあわず残ったらしい。その昔はご主人の画家の伯父様のお住まいだったとか。昭和初期の家のたたずまいを残して家の中は冬は障子、夏は萩戸をたてるそうだ。今は夏、萩戸が家中めぐらされていた。門からお庭から家の中の調度にいたるまでできるだけその時代に合わせた住人の心意気が感じられる、味のある贅沢な造りだった。トイレも一坪はあろうか!檜の良い香りが漂っていた。このお住まいを維持するのは大変だろう。

お昼は上野、伊豆栄のうな重、冬瓜の炊いたのにえびのあんかけ、有機野菜の盛り合わせをいただいた。その後は優雅にフランス語でブリッジ。そしておやつは無花果のコンポートと「イナムラ ショウゾウ」のケーキ。

Brigitteも''une journee fabuleuse''と喜んでくれた。わたしたち3人は興奮冷めやらぬ思いであったけれど4時過ぎおいとまし平成の現代へと戻った。R0013810R0013811R0013813R0013815R0013819R0013829R0013831R0013835R0013836R0013838R0013839R0013841R0013843R0013848

|

« mission uchimizu | Main | PCの修理完了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« mission uchimizu | Main | PCの修理完了 »