« キツネの嫁入り | Main | アメリカへ① »

June 08, 2006

続:キツネの嫁入り

大学時代の友人YSさんに電話した。彼女は成績はトップクラスで本場仕込みの英語を話す。英語では「キツネの嫁入り」はsun shower よね!と即答。しばらくして電子辞書でフランス語では"Le diable bat sa femme,son mari,sa fille"とある、と教えてくれた。「悪魔が奥さんと夫と娘を叩く」それってどういう意味なのかしらね。亡くなられた恩師リーチさんならこの一語から1時間は講義が弾むだろうけど・・・

そういえばとアルクのwebsite 辞書で調べてみたら、なんと"The devil is beating his wife"とあるではないか!叩く音が雨音っていうことなんだ。それにしても英仏が同じで日葡が同じって面白い!

|

« キツネの嫁入り | Main | アメリカへ① »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« キツネの嫁入り | Main | アメリカへ① »