« アメリカへ① | Main | アメリカへ③ »

June 10, 2006

アメリカへ②

6時半にホテルのオーナーがドアをノックする音で目が覚めた。昨日はベッドに入ったのが1時を回っていたのでいささか眠かった。でも今日は今回のハイライト「ターシャ・チューダーの庭」へ出かけるので遅れてはいけないと身支度をし朝食の為本館へ・・・。すでに皆食事を取っていた。

8時34分バス出発。ホテルから5分とのことだったが、行けども行けどもたどり着かない。私を始め全員がイライラ開庭の9時
を過ぎてもバスは走っている。どうやらターシャの庭の入り口がわからないらしい。

9時34分サッシとマージョリー(ターシャの長男夫妻)が迎えに来てくれていた小道に止まった。まずマージョリーが我が家の庭に案内するというそこから5・6分も歩いただろうか、それからその息子WislowとAmy夫妻の家へ案内された。まだなのかなぁ時間が刻々と過ぎていくので気が気でない。

そしてようやくTVで見慣れたコーギーハウスのゲートへとたどり着いた。画面で見たとおりの光景が目の前に広がる。今日はターシャはここにいるか?とサッシに質問するといるよとの返事が返ってきた。じゃ~ターシャに合えるのかな?ケシ、ルピナス石楠花(白・ピンク・オレンジ)ゼラニウム、フクシア、ベルガモット、芍薬 TVで見たとおりの庭ではあったけれど・・・ものの小1時間で見学終了!写真を撮ることになった。ターシャがおなじみのコーギーのメギーを伴ってお出ましだ。ブルーな小花柄のブラウスの上に黒のセーター、ロングのスカートそれにロングショールを羽織っていた。黒のズックの下はなんと素足!年を取らないのだなぁ。耳はすこしく遠いらしくAmyが会話の補助をしていた。とにかく受け答えははっきりしているし元気そうであった。

ターシャに別れを告げて、このあと町へ出、大型のスーパーマーケットへ。西洋朝顔、チャイブの種を買った。
ホテルへ戻ると鍵も出来ていて、というよりどこかから出てきた?ようだった。

日本人の女性二人が声をかけて来た。明日ターシャの庭に行くのだという。お2人の関係はお互いの子供達が結婚しているとの仲の良い間柄。海外旅行もこれで2度目だって!これから近くのへ散歩へ行くということだったので同向させてもらった。田園の道を歩くこと15分道端に小さな無人の小屋がありメープルシロップを販売していた。その奥には家内工業的メープルシロップ工場があった。残念ながら閉まっていた。Sr0012067Sr0012123Sr0012098Sr0012104Sr0012120

 

|

« アメリカへ① | Main | アメリカへ③ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« アメリカへ① | Main | アメリカへ③ »