« 三島:時之栖 | Main | ベランダで・・・ »

May 16, 2006

三島:クレマチスの丘

ITC東京クラブ5月例会はフィールドトリップ。三島のクレマチスの丘のするが銀行の知求塾でビジネスとプログラムがあった。ここは行員の研修所だということで私たちの会合を持つのに最適の場所だった。例会後、木村宗吾さくら美術館を見学。美術館の方が日本画の顔料の説明から絵の説明まで実に詳しく話して下さった。

お昼はマンジャペッシェ。東京のお店も同じコンセプトで料理が作られているとのことであったが、地の野菜をろうそくの上で熱くしたバーニャカウダにつけていただく前菜は絶品。バーニャカウダってポルトガル語のBanha(ラード)Caldo(スープ)を想像して動物の背脂から作られるものかとずっと思っていた。同じテーブルに座っていた会長がオリーブオイルとニンニク、アンチョビーで作るものと教えて下さった。

帰宅して辞書を引いてみた。バーニャBagna(風呂)カウダCauda(熱い)、フランス語だとBain Chaud なるほどと合点がいった。発音から聞くとポルトガル語の方がずっと似ているいのだけれど・・・と自分の早合点を恥じた。同じラテン系の言語でもフランス語とイタリア語の方が近いのかなぁ?

デザートは小松菜の鮮やかなグリーンのスープにパンナコッタが入っておりその上にアイスクリームがのっているのをいただいた。初めてのお味で美味しかった。

ヴァンジ彫刻庭園美術館は箱根の「彫刻の森」と似ていたが一人の作家の美術館としては世界初めてなのだそうだ。面白い彫刻が室内外に並んでいた。2時過ぎに雨もあがり緑もいっそう鮮やかだったしクレマチスも美しかった。

ビュッフェ美術館もこの奥にあると言うことだった次回の楽しみに取っておくことにした。12345


|

« 三島:時之栖 | Main | ベランダで・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 三島:時之栖 | Main | ベランダで・・・ »