« March 2006 | Main | May 2006 »

April 2006

April 30, 2006

ギリシャにて

まずアテネの考古学博物館へ出かけた。シンタグマ広場へ戻ると今日は日曜日、国会議事堂を通りかかると雨の中なにやら人だかりがしている。無名戦士の墓の衛兵交代式が11時からあるらしい。雨が降ってきて皆、傘を差し始めたのでその様子がいまいちよく見えなかったけどこういうこともあるのだなと言うことがわかった。

お昼はヒルトンのサンデーブランチにした。ここに来る前、3月終わりに新宿のヒルトンにサンデーブランチを食べに行ったっけ・・・もちろんこちらはギリシャ伝統料理も並べられていた。

ケーブルカーに乗って丘に昇る。ここからはアテネが一望できる。なかなか良かった。

| | Comments (0)

April 29, 2006

ギリシャへ

朝3時かなりの雨音に目が覚めた。本を読んだり音楽を聴いたりしてみたが目は冴えるばかり!そのまま起きてしまった。7時に朝食。チェックアウトして目の前の空港へ。なんと無線ラン接続可能だった。メールをチェック。オーストリー空港も混んでいた。滑走路には私達が乗った飛行機の後ろになんと12機がウェイティングしていた。

アテネのホテルはアクロポリスの丘のすぐ近くだった。トランクを置いてすぐアクロポリスへ日が長いので得をした気分だ。アクロポリスは大修復中だった。でも何時ごろ終わるのかな?40年近く前にここにきたときはただエンタシスの円柱が並んでいただけの様に思ったけど博物館もあり面白かった。ここから見るとアテネの街が見晴らせる。降りてきてライトアップされたアクロポリスを見ながら夕食。

| | Comments (0)

April 28, 2006

ウィーンへ

スカイライナーの7号で成田空港第2ターミナルへ。オーストリア航空のカウンターはW。チェックインを済ませ早めに入国するべく出向く。ウ~ん、やっぱり荷物検査やら出国手続きは混雑を極めてる。これからの旅行に思いを馳せてルンルンなのは私ばかりではなかろう。長い行列をただひたすら順番を待っている。なにしろこの連休中に72万人が海外へ出かけるというのだから、むべやるかな。ようやく入国したのは9時を回っていた。

予定では10時40分発だったのだけれど滑走路も混んでるらしく、30分遅れて出発した。機内では真っ赤なユニフォームのホステス達が機敏にサービスしてくれ良かった。ランチのメインディッシュのビーフシチューは私の好みではなかったけれどパンは温かく美味しかった。軽食はおにぎり、カップラーメン、サンドイッチ、夕食はサーモンのサラダと巻き寿司お稲荷さん、ここにも温かいパンが・・・

映画は4本やっていたけど中2本を見た。一世を風靡したカントリー・フォークソング歌手ジョニー・キャッシュの伝記ドラマと「プライドと偏見」。

ウィーンには11時間かかり3時到着。気温15℃小雨がぱらついていた。ホテルは空港の目の前便利な所だった。白百合を投げ入れたフラワーアレンジメントがそこかしこに配されさわやかな印象。さてホテルに落ち着くとまだ明るいしセンターへ出ようということに・・・電車で16分というのは便利だ。往復で16ユーロ。

モーツァルト生誕250年のお祝いで賑わっているウィンドウをのぞきこみながらぶらぶら歩く。シュテファン寺院へたどり着くと6時のミサが執り行われていた。地下鉄からCATに乗り継いでホテルへ戻ったら9時だった。

| | Comments (0)

April 27, 2006

東京の並木

今日は仕事の打ち合わせで九段へ。新宿通りの四谷の交差点を過ぎ四谷駅を双葉学園の方へ左折。1ヶ月前は満開だった土手のソメイヨシノはすっかり葉桜!緑色に染まっている。その先300メートルほど左側が楓、右側が石楠花の並木になっている。真っ赤な花、ピンクの花と満開だ。東京の並木は銀杏、桜、プラタナス、ナンキンハゼ、柳などいろいろあるけれど、石楠花というのは珍しい。いったい誰が石楠花をココに植えることにしたのだろう。千代田区の役人なのかなぁ?

「ダ・ビンチ・コード」読了。キリストとマグダラのマリアとの結婚によって始まるキリストの子孫が生きており、ごく限られた人々しか知らないこの秘密をまもるためにシオン修道会なる秘密結社が存在するという説による筋書きは分かったのだけれど、奥にあるキリスト教の歴史を理解していないせいかいまいち読めてない。本屋をのぞいたら「謎解き本」があった。さっそく今度はこちらを読むことにした。

| | Comments (0)

April 26, 2006

陶器の蓋もの

「蓋ものどんなの使ってるの」と友人が私に聞いた。そういえば使ってない。昔は我が家でも蓋ものが必ず食卓にあった。そして中には梅干しだったり佃煮だったりと常備菜が入っていた。これが今あまり売られていないらしい。手軽なプラスチックの密封容器がそれに変わってしまったのだろうか。

今日出会ったとき「クリスマスプレゼントにはちょっとはやいけど・・・」と言いながら朱色の四角い2段重ねの蓋ものをくれた。真っ白な椿もすてき!ありがとう。Futamono

| | Comments (0)

April 25, 2006

あしながさん

買い物を終えて新宿駅まで戻った。構内であしなが募金活動が行われていた。10年くらい前私もここで募金活動をやったことがあった。今はその文言を思い出せないけど、当時は一生懸命に覚えて箱を持った。最近は振り込みで応援している。こども達からお礼のはがきが来る。宛名は協会の人が書いており子供には誰から好意が寄せられているか分からないようになっているのだろう。

10数名並んでいる人の中で一番幼い子供に「頑張ってね」と募金をした。

| | Comments (0)

April 24, 2006

ターシャ・チューダー

週末からの旅行があるのでそのガイドブックを読んだり、かたわら片づけておかなければいけない仕事をこなした。バタバタしていたら友人から電話。ターシャ・チューダーのお庭見に行きませんか?とのお誘い。去年ターシャにインタビューしながらバーモントにある彼女のすばらしいお庭をBSでやっていたっけ。世界中のガーデナーが憧れるあの庭へ私も行けるの?午後から仕事が手につかず、あの録画を眺めた。

| | Comments (0)

April 23, 2006

gardening day

薄曇りの一日。4月7日に蒔いたアサガオの苗が10本ほど出来たのでプランターへ移し植えた。週末から連休中は旅行に出かけるので新たに西洋アサガオをプランターへ直蒔きした。うまく育ってくれると良いけど・・・

チューリップが満開になってきた。アンジェリケ、タコマ、スプリンググリーン、クィーンオブナイツ、フレミングパーロット、アラジンズレコード、ロココ 我が家はさしずめチューリップパラダイス。Sdsc_0001_2Sdsc_0003_1 Sdsc_0004 Sdsc_0005 Sdsc_0010 Sdsc_0011_1 Sdsc_0002


| | Comments (0)

April 22, 2006

焼葛

日月堂のお菓子「焼葛」をいただいた。吉野葛で作ったお餅?にちょっと焼き色がついている。中にひそんでいるひとつまみほどの小豆の餡もほどよい甘みがある。美味しかった。これで抹茶があったらね、と4人の「饅頭こわい」おばさんの意見が一致した。

昨日の写真を師匠が送ってくれた。太陽の光がサクラの花びらを透過していっそうの美しさを見事に撮っている。Scherry

| | Comments (0)

April 21, 2006

多摩森林科学園

JR高尾駅から徒歩10分のところに多摩森林科学園があった。小学校のクラスメートでもあり写真の師匠と奥様と3人が今日のメンバー。

ここは樹木園、サクラ保存林、試験林に分かれている。新緑を楽しみながら小高い丘を上がっていくとサクラ保存林だった。250種類・1700本ものサクラがあるとのことだ。関山、市原虎の尾、御衣黄、鬱金、御車返し、駿河台匂、万里香、普賢象、などなど美しかった。ここは通路が定められており通路沿いにサクラが植えられており、名札がきちんとつけられているのでうれしい。

写真は露出、絞り、シャッタースピード、白い花の撮り方、接写するときの注意などなど丁寧に教えてもらった。難しい。Sdsc_0133_1 Sdsc_0024_1 Sdsc_0142_1

| | Comments (0)

April 20, 2006

チャーリーとチョコレート工場

エプソンのプリンターが給紙しなくなった。こうなるとにっちもさっちもいかない。ヒューレットパッカードのプリンターもあるのだがエプソンにはかなわない。インフォメーションセンターのアドヴァイスは①給紙する部分を固く絞った布で良く拭く。②プリンターの置き場所を変える。③一枚だけ印刷してみる。どうもうまくいきません。妻恋坂のエプソンにもちこみ修理を頼んだ。スタッフがアルコールをしませた布で丁寧に拭くとなんとその場で解決。原因は?どうやら4月の初め和紙に印刷したことが原因だったらしい。紙粉がローラーへ付き滑りが悪くなっていたのではないかとのことだった。いろいろおこる。

帰り温泉に入った後'Charlie & Chocolate Factory'のDVDを見る。このCGを多用した貧乏でも暖かい家庭が一番というストーリー面白かった。

| | Comments (0)

April 19, 2006

クラス会

毎月第三水曜日、高校の同級生で月一度赤坂のJazz Barで出会う。そこのオーナーであるN君が1月に食道ガンの手術を受け、見舞いかたがた出かけた。彼はすこぶる元気で安心した。食べるのに時間がかかる他は順調な回復だという。ひとしきり飲んでしゃべってから、彼はピアノを弾きながら’I can't give you anything but love'を今までとはちがうなんかワンランクアップした声で歌ってくれた。

E組のY君も今日は現れた。同じE組のI.O.君はあらわれなかったけど・・・

高校から大学時代私たちは実にイイ青春時代を過ごした。Sca330017

| | Comments (0)

April 18, 2006

朗読のワークショップ

ITC東京クラブ4月例会のプログラムは望月鏡子氏による朗読のワークショップだった。まず腹式呼吸の仕方から発声練習。続いて「母音の無声化」「鼻濁音」の練習。普段何気なく話している言葉もいざ書かれている言葉を意識して話すと無声化しなかったり、鼻濁音にならなかったりすることがよく分かった。

教本として選ばれたのは木村祐一作「あらしのよるに」。この子供も大人も楽しめる童話を4行ずつメンバーが読んでいく。講師が注意を与えるとよりよい表現になっていく。感情表現を豊かに朗読することはやはり訓練が必要だなと感じた。

オレンジ色チューリップ、プリンセスイレーネSdsc_0012_1

| | Comments (0)

April 17, 2006

猫とチューリップ

名刺サイズのラジオを愛用している。AMはもちろんFMもきけるしTVの音も入る。旅行にも持っていくし、夜眠れないときには深夜便を聞く。ここ2・3日イヤホーンのコードが30cmくらいしか出なくなってしまったので分解した。緑の基盤にあちらこちら数字・文字が刻まれハンダ漬けされている。コードの収納部分を分解、なんと細い線に結び目が出来ていて、そこでとまってしまったのだ。それを解いて直りそうになった途端、2本の線が切断!取り返しのつかない事態に陥り、お釈迦。修理に持っていけば良かったと思っても後の祭り。ガックリ!!!

午後友人からショボンとしていた私を慰める、なごやかなファイルが送信されてきた。S

| | Comments (1)

April 16, 2006

発芽玄米おかき:玄琢

玄米のおかきをいただいた。最近私のお気に入りのおかきだ。するめ・牛蒡・エビ・人参と4種類のお味がある。近頃運動不足なのでおやつ類はできるだけ控えるようにしているのだけれど夕食終わってやはり封を切ってしまった。いやしいなぁと思いながらそのかたわらおいしいなぁ!と舌鼓をうっている自分がいる。

寄せ植えのチューリップがきれいに咲いてきた。Sdsc_0003

| | Comments (0)

April 15, 2006

新宿駅が変わる

歩こうかなと思ったけどやめた。昨日と比べるとずいぶん風が冷たい。駅前の銀杏並木の新芽がとてもきれいだ。プラットフォームへ昇ると1番線に東京行きの赤い中央線の快速電車が停まっている。2番線には中野行きの黄色い帯の総武線もやってきた。今日は快速がお休みになんだ。いつもより混んでいる。そういえば今日は「新宿駅こ線橋架替工事に伴う運休のお知らせ」を見たっけ!新宿駅が変わるらしい。サザンテラス口という改札口も明日から新設されるとのこと!これってほぼ代々木駅に近い気がする。便利になるようなならないような?

玄関前の赤と緑のチューリップ、ロココが咲き始めた。Stulip

| | Comments (0)

April 14, 2006

友人

友人T子が久し振りにたずねてくれた。100コ入りのブイヨンキューブ、木の芽、酒粕を持っていくねと電話があった。ガーデンシクラメンの実生の苗も持ってきてくれた。一つの小さな球根からかわいい葉っぱが2~3枚出ている。いったいいつ咲くのかしらん?

ブラジル料理の’Frango Cozido'を一緒に食べてから、新宿御苑へ出かけた。千駄ヶ谷門から桜園地へ出たら、一昨年英国旅行をしたときご一緒した方に偶然お目にかかった。あのとき以来の出会いだった。こういうこともあるのだなぁ!懐かしくしばし立ち話をした。桜は八重が美しく咲きまだまだお花見を楽しめた。

明朝は小泉首相主催の「桜を見る会」があるとのことで受付場所も作られ、屋台も立ち並び、紅白の幕も張られ入念に準備が進められていた。また警備の為だろう、シェパードを連れた人もいたり、器具を持って危険物を探知したりする人もいた。明日のお天気はどうだろう?Sdsc_0037Sdsc_0064

| | Comments (0)

April 13, 2006

続:Newケータイ:W41CA

400ページもの分厚い取扱説明書を広げて眺める。最初はどこに何が書いてあるのをつかむのも大変だ。ケータイと取説と格闘している内にすこしずつ分かってきた。まずやりたかったのがあいうえお順にならんだ250件の電話のアドレスをグループに分ける作業をした。なんと100のグループにも分けることが出来るので細かく設定できる。といっても取り敢えずは20くらいしかグループを作らなかったけれど・・・

次は音楽を取り込む作業に取りかかった。これが意外と難しい。今まではCDの音楽をmp3へ変換しそれをフラッシュへ簡単に入れることができたのに、複雑な作業を踏まないと音楽をケータイへ落とせない。CDを積んでそこからまた曲を選んで、一つずつ入れた。そのうちに慣れてきて一挙にいれるこつも覚えた。音もいい。

写真も一枚撮ってみた。画質もなかなかきれいだ。207万画素のカメラだそうだ。512MBのメモリーカードにはケータイサイズの写真は30950枚も保存できるそうだ。気が遠くなる~!

| | Comments (2)

April 12, 2006

Newケータイ

2年振りにケータイを変えた。ビックリするほど変わっている。待ち受けの画面ではアデリーペンギンがお花に水をやったりメール送信画面は手に手紙を持ったペンギンが歩いていく。終わるとスヤスヤとベッドの上で寝る。液晶の画面も広いしデカ文字で見やすい。FMを聞くことも出来るし音楽も入れることもできるらしい。もちろんお財布ケータイにもなるしJRのスイカの役目もするとのことだ。もし紛失しても遠隔操作でロックすることができる。私みたいなうかつな人間のこともちゃんと考えてくれている。ケータイも進化してるのだなぁ。

| | Comments (0)

April 11, 2006

WBC優勝カップ

東京ドームの横を通りかかったらなにやら人が集まっている。何かなぁ?ジャイアンツの物品販売かしら?と思ってのぞいたら3月に行われたWBCの優勝カップが飾られていた。どうしてここに?と聞いてみたら全国あちらこちら行脚しているらしい。そこへ友人からメール!ダビンチコード読んだ?と。彼女は仕事を持っているのに読書家でこんな本が面白かったとメールしてくれる。早速近くの山下書店で上・中・下巻買った。しばらくこれにはまりそうだ。

ユリ咲きのチューリップは遅咲きと本に書いてあるがアラジンと言いホワイト トライアンファター ‘WhiteTriumphator’といい咲いている。アプリコットパーロットは毎日違った花姿を楽しませてくれる。 Sdsc_0008 Sdsc_0001_1

| | Comments (0)

April 10, 2006

タイガーよく頑張った!

今年のマスターズも終わった。箱根駅伝・マスターズ・ウィンブルドンが私の年間のスポーツにおける3大イベントだ。マスターズは朝早く放送があるのでこの期間夜のお遊びはやめて早く寝る。そして朝からテレビを見る。お贔屓はタイガー・ウッズ。彼のショットがいつものようにピタッとピンにからむようなものが少なかったので毎日毎日ハラハラしていた。そして何時タイガーチャージがあるのかと思っていたのだが、この難コースなかなかバーディーが出ない。グリーンにオンしても惜しいパットがいくつも・・・はずして涙ぐんで?いるようなシーンを見てなんか淋しくなった。あの豪快なガッツポーズこそ見られなかったが終わってみれば3位タイ。やっぱり実力はある。まだシーズンは始まったばかりお父さんのことは心配だと思うけどどうぞ頑張って!日本から応援してます。

黄色の縁取りがある真っ赤なユリ咲きチューリップアラジンと不気味に美しいムスカリパラドクサが咲き始めた。Sdsc_0011Sdsc_0018_1

| | Comments (0)

April 09, 2006

ITCカウンスルNo8スピーチコンテスト

浜松町の弥生会館でスピーチコンテストが午後から行われた。1時からだと思い芝離宮恩賜公園へ寄ってゆっくり御衣黄を眺めたり濃い紫色の日本スミレの写真を撮ったりした。着いたのが12時45分既に開始されていて、もう英語の部の1番目のスピーカーのスピーチ始まりましたとのことだった。英語の部の5人のスピーチが終わり順位が発表された。続いて日本語の部の6人のスピーチだった。私の評価は我が東京クラブのSさんのスピーチだったが選に漏れた。いったいどうしたのかなぁと思う。ジャッジはITCの外部の方だったのだが・・・私のまわりでも評価は異なっていた。彼女以外のスピーチは身の回りに起こったことを語っていた。話は面白いのだがその中には訴えることがはっきりなかった。その点Sさんのスピーチはスピーチの基本通り手に持ってあらわれたオレンジから始まる導入部も良かったし、論題の「意を尽くす」がしっかり盛り込まれており、話し方も良く間の取り方も上手だった。外部のジャッジを入れてするのはいいけど全員が外部の方というのはおかしいのではないだろうか?これはITCのスピーチコンテストなのだから・・・Sdsc_0025 Sdsc_0032

| | Comments (0)

April 08, 2006

アプリコットパーロット

4月に入って肌寒いと行っても冬物を着るわけにはいかない。やはり4月のモノを着たいと思い冬物を整理することにした。セーターを4枚丁寧に洗う。ほとんど着なかったセーターも洗い処分することに・・・コーデュロイのパンツももう時期的にはかないなぁと思い2枚洗濯。そのほかクリーニングに出すウールのジャケット等を選り分けているところへ札幌に住む友人から電話。雪が降ったのだそうだ。ひとしきりおしゃべりを楽しんだ。札幌ではまだ冬物はしまえないだろうなぁ。

アプリコットパーロットが開き始めた!淡いアンズ色にほんの少し緑色が混じり春らしく華やかだ。Sdsc_0010_1

| | Comments (0)

April 07, 2006

さぁ~!今年もアサガオ。

昨日とはうってかわってまた今日は冷え込んだ。ソメイヨシノもそろそろ終わりだし西洋アサガオの種の第一陣を蒔いた。ヘブンリーブルーとフライングソーサーそしてブルースターだ。いつ頃芽を出すかな?そして2ヶ月後に花が見られるだろうか?Sdsc_0058

| | Comments (0)

April 06, 2006

生麩に麩まんじゅう

京都の錦小路で生麩と麩まんじゅうを買ってきたと友人達が朝届けてくれた。両方とも私の大好物!夜はさっそく田楽にして頂いた。このほか到来物だというツクシの佃煮、本当の蕗みそ、蕗の佃煮も・・・どれもこれも私が作るものより本格的で美味しかった。年を重ねてくると香りのあるものとか苦みのあるものなどがうれしい。

お昼からシニアライフマスターのお祝い会の一行で新宿御苑。ソメイヨシノもまだまだ見ることが出来たしなんと鬱金が咲き始めていた。Sdsc_0038 Sdsc_0057

| | Comments (0)

April 05, 2006

重宝なエプロン

叔母が4月13日に81才になるのでお祝い会をすることになった。5年ほど前に京都へ一緒に行ったときに買ったエプロンを叔母はとても気に入っていて破れても繕って着ているという話を聞いていたのでこれをお祝いにしようと思っていた。ところが3月末に京都へ行く予定がキャンセルになり、祇園北のその小間物店に買いに行けなかった。

春を感じる旅行へ関西へ出かけた友人達が今日京都から帰ると言ってきた。「渡りに船」?と電話したら引き受けてくれた。ただお店の名前がどうしても思い出せない「G?」なんだけど、と言っただけなのにお店を探し当てエプロンを買ってくれたとのことだ。こんなことまでしてくれる友人達!本当にありがたい。

| | Comments (0)

April 04, 2006

千鳥ヶ淵の花筏

九段で小学校時代を送ったクラスメート6人が集まった。まず千鳥ヶ淵で花見。今日はお天気も良く昨夜の強風でお濠に花筏が浮かんでいた。金曜日とは違う雰囲気だった。クラスメートの一人は私の写真の師匠なので今日は写真機の扱い方を教えてもらった。私にとっては初めての一眼レフ。アナログ時代から写真の撮り方を知らないままオートフォーカスに慣れてしまったので絞りとかシャッタースピードとか師匠から説明があるのだがどうも頭にピンと来ない。そんな生徒に懲りもせず教えてくれた。

食事をしながら千鳥が淵で子供のころ手長エビを釣って食べた話やら手みやげのスモークしたベーコンとハムの作り方、延命治療の話までバラエティに富んだ話が飛び交った。楽しかった。

Dsc_0017_1 Dsc_0019_1Dsc_0021_1Dsc_0029_1

| | Comments (0)

April 03, 2006

太白・白雪・白妙

歯周病の予防のため歯の検診に歯医者さんに行った。ビルの4Fで新宿御苑がよく見える。森がピンク色に染まっている。検診が終わり1Fから建物を出ようとしたらお掃除のおばさんが嘆いていた。何度掃除してもこうなのよね・・・っと。桜吹雪で玄関マットが真っ白になっているのだ。イイじゃありませんか、サクラですもの、と私。

今日は春の嵐で強い風が吹き荒れていた。午後から新宿御苑に行ってみたが桜吹雪でもソメイヨシノも健在。2番手の太白、白雪、白妙がすばらしく長州緋桜もほころびかけてきた。池のほとりに弁殿が・・・この桜は元禄時代の屏風に描かれているような山桜系の桜だ!これも良いなぁ。Sdsc_0018Sdsc_0020Sdsc_0027Sdsc_0040Sdsc_0065


| | Comments (0)

April 02, 2006

アネモネ・チューリップ・ムスカリ

寄せ植えにしていた花たちがドンドン咲いている。去年いろいろな球根を植えたので日に日に育っていく植物を見るのが毎朝の日課となっている。

友人の話によると京都は枝垂れがきれいだとのことだがソメイヨシノはこれからだという。円山公園の枝垂れ桜もまだまだらしい。東京は今日も四谷の桜はまだまだ見ることが出来たが、今雷が鳴り雨が降っているのでソメイヨシノは終わりかな?Spict3060

| | Comments (0)

April 01, 2006

Vichyssoise

後輩のM子さんから電話「ヴィシソワーズスープにコンソメのゼリーがのっているのあれなんていう名前かご存じ?」「さぁ?」と私。電話を切ってからネットで調べてみた。Vichyssoise Royaleなんてそれらしい名前が付いているのもあったけれど、それはまたゼリーを作ってそのうえにVichyssoiseをかけたスープにその名前を冠しているのもあった。ウ~ン!どうなのだろう。

ところでこのスープは1917年春ニューヨークのリッツカールトンホテルのフランス人シェフLOUIS DIAT(ルイ・ディア)が考えたのだそうだ。フランスのブルボネ地方Vichy出身の彼の母親が作っていたスープだったのでこの名前が付いたらしい。

もう少し暖かくなったらVichyssoise作ってみよう。

| | Comments (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »