« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2006

March 31, 2006

ひすいカズラ

まだ膝の痛みが残っているので整形外科へ行った。「まだ痛むんですが・・・手術したら早く良くなりますか?」と私「じん帯が切れているわけではないので手術は必要ありません。安静にしていれば良くなるんですが、そうもいかないでしょうねぇ」と慰めてくれる。とびきり痛むわけでもないので動いてしまう。それで良くならないと言うことらしい。

薬局でサポーターを買いさっそくあてがい、その足で新宿御苑へ・・・温室でマイソール矢筈カズラを見る。ようやく今年から花芽を持ち出したとのことでいくつか残骸があり、またこれからというような花芽も見えた。それはちょっと残念だったが同じ温室でひすいカズラは満開で実に実に見事だった。マイソル矢筈カズラをブラジルで見たときも感動したけどこのひすいカズラはこの世のものと思えないものを見たという強烈な印象を受けた。

温室を出て去年買った新宿御苑の桜のパンフレット「サクラウォッチング」を片手にソメイヨシノではない桜を探し歩いた。今日咲き始めたという’一葉(いちよう)’がかわいかった。Spict2960Spict3037

| | Comments (0)

March 30, 2006

やっぱり桜は九段

今朝は早起きして8時過ぎ家を出た。毎年桜満開のころ歩いて花見をするのだが今年は左膝のじん帯を痛めているので無理をせず九段まで車で行った。車を九段へ置いてから千鳥ヶ淵を歩く。時間が早いせいか人出も多くない。空も青く澄みお花見日和だ。この時期あちらこちらで桜は咲いているけどやっぱりここの桜が一番。黒い幹からお濠の石垣へなだれるように咲くピンクの桜そして揺れる水面。向こう側の桜も見事に咲いている。三番町へ出て北の丸公園へ。あちら側から三番町方向を見る。これもまたいい。武道館を右に見て田安門をくぐり九段坂をあがる。靖国神社へお詣りしてから九段坂上の「花田」をのぞく。てごろな和食器が沢山並んでいた。

若い内は桜が咲いても「また桜の季節だなぁ!」という感じだったが、年を重ねてくると「後何回桜を眺められるかなぁ」となってきた。今年も素晴らしい桜を見ることが出来て良かった!Pict2751 Pict2757Pict2762Pict2764Pict2769Pict2775Pict2782Pict2820

| | Comments (0)

March 29, 2006

四谷の桜

今朝は風が強かった。でも満開の桜の花びらが舞い散ることもなく実に美しかった。四谷から双葉学園の方の土手を市ヶ谷まで歩き、また四谷まで戻り今度はイグナチオ教会の横の土手に登り桜を眺めた。今年は長い枝を支える支柱が施され安心して桜が咲いているように見えた。土手下の上智大学のグラウンドの向こう側の土手にも桜がピンク色の刷毛で掃いた様に見える。上智大学を左手に見ながらホテルニューオオタニまで土手上を歩き迎賓館の広い敷地の西側へ出る。迎賓館正面へまわり門扉からは常緑の松ばかりが見えた。ココには桜はないのだろうか?Pict2670Pict2671Pict2672Pict2675Pict2678Pict2681Pict2684Pict2689Pict2692Pict2694Pict2697Pict2700Pict2702Pict2703 Pict2707Pict2709Pict2711 Pict2718

| | Comments (0)

March 28, 2006

続:トランヴェール(Train Vert) 

朝、東京駅に行ったときに女性スタッフにトランヴェールをもらえないかどうか聞いてみたらやさしく対応してくれ持ってきてくれた。そうか最初から東京駅でたずねれば良かったんだ。3月号には読みたかった「世界遺産NIKKO特集・第2弾」と銘打って聖地・日光を訪ねての記事があった。日光に魅了された、時代の立役者たち。と言う記事の中に「日光は東照宮があるから聖地なのではなく、古来、類いまれな聖地だったからこそ東照宮も造られた。」と書かれておりなるほどと合点した。

| | Comments (0)

March 27, 2006

藤田嗣治展

竹橋の国立近代美術館で明日から5月21日まで開催される藤田嗣治展の内覧会へ行って来た。東京美術学校の卒業制作の自画像から始まり宗教画まで多彩な彼の人となりがこの展覧会に集約されている。日本画の細い筆で墨色のデリケートな線が彼の絵のところどころに見られる。彼は結局はフランスに帰化してしまうのだが日本画の影響を多分に受けているのが見て取れた。1926年に描かれたおかっぱ頭の彼の「アトリエの自画像」に私は強く惹かれた。その絵の中には墨、硯、面相筆がテーブルに置かれている。また「フランスの富」という題のおおよそ20cm角に48の小作を描いたものも非常に興味深かった。そこにはエッフェル塔、シャンペン、美術館、シャンソン、トゥールドフランス、シャトー、香水、絵画、オートクチュール、美しい女なんて言うものもある。じっくり彼が言うフランスの富を眺めた。

1931年フランスのシェルブールを出てブラジルに向けて旅立っているのだがまず寄港したのが私も行ったことのあるマデイラ島続いてブラジル・レシフェとあった。レシフェは私が好きな町でもあるのだが彼はどう思ったのかなぁその地での彼の絵はなかった。

開会式の来賓挨拶をされたお一人永井多恵子NHK副会長によれば4月2日4時15分から4月16日は日曜美術館でまた迷宮美術館でも放映予定とのことだ。またまた楽しめる。

実は車で竹橋まで出かけた。三宅坂を左折して国立劇場の前の桜は満開。そして英国大使館前の桜は6分咲き、北の丸公園から見たお濠の桜は5分くらいだろうか。帰り道の千代田区役所脇の桜は4分咲き、靖国神社脇の桜は5分咲き、今日は暖かかったので一気に花開いたものと思われる。s-PICT2555s-PICT2564s-PICT2569s-PICT2572s-PICT2582s-PICT2584s-PICT2588s-PICT2597

| | Comments (0)

March 26, 2006

新宿御苑の桜

花曇りだったが新宿御苑へ桜を見に行った。カンザクラ系統の桜は満開でその辺りには人が集まっていた。ソメイヨシノはまだ二分咲きと言ったところ・・・出会った男性によるとココの桜は八重が多く、毎年4月中旬の首相主催の恒例の「桜を見る会」には最高になるのだそうだ。そしてもっといろいろな種類の桜があるのは高尾の森林総合研究所多摩森林科学園、以前は公開されていなかったとのことだが公開されており、知る人ぞ知ると言った桜の保存林だと教えてくれた。一度行ってみたい。s-PICT2524s-PICT2535

| | Comments (0)

March 25, 2006

桜・さくら

上野の松坂屋に高校時代の友人の画家の個展を見に行った。私も彼と同じ美術を取ったのだが彼は同級生の中で図抜けて上手だった。私も美術は通知簿で5だったので担任の先生から美術系の大学への進学を進められたが彼のうまさに較べあまりにも自分の無能力を考えるとそちらへ進学する気になれなかった。

今日の絵は福島三春町の滝桜、岡山落合町の醍醐桜、岐阜根尾谷の薄墨桜、千鳥ヶ淵の桜など彼の長年のテーマである「桜」が中心で30点余り飾られていた。

総武線のお濠沿いの桜もまだチラホラだったがいつ咲くのかなぁと思いながら眺めるのも楽しみだ。s-PICT2497s-PICT2499s-PICT2505


| | Comments (0)

March 24, 2006

トランヴェール(Train Vert)

2月に長野新幹線に乗ってスキーに行ったとき、座席の前のポケットにトランヴェール(Train Vert)なる小冊子があった。JR東日本の広報誌らしい。ご自由にお持ち帰り下さいとある。2月の特集は「世界遺産NIKKO特集・第1弾 知られざる日光東照宮」だった。日光は1年に1~2回行っているが日光東照宮についてこんなに詳しいことは今まで知らなかった。おりしも3月18日から東武電車のスペーシアが新宿駅に乗り入れておりきっと沢山の観光客が日光へ出かけるだろう。3月号の「世界遺産NIKKO特集・第2弾」も読みたい、とトランヴェール編集部へ電話をしたら、これはJR東日本新幹線利用者のみのサービスで、他は一年間の定期購読のみ受け付けているとのにべもない返事!代々木のJR東日本へ取りに行くとまで頼み込んだがそれもダメ。なんか昔ながらの親方日の丸的殿様商売と否めない。それなら読まない。

| | Comments (0)

March 23, 2006

サクラサク

山手線と中央総武線から線路際の桜を眺めた。チラホラ咲いている。満開の時ももちろんステキだけど、チラホラもいい。でも木全体がピンク色に見えた。

神宮外苑の桜はまだ蕾が固い。陽の当たり方にも差があるのだろうか。再来週には三度お花見会があるのだけどソメイヨシノは終わってしまうかもしれない。寒が戻って出来るだけ長く桜を楽しめたらいいなぁ。

| | Comments (0)

March 22, 2006

のどかな一日

一昨日土を4袋車のトランクに積んで柏の園芸店で引き取ってもらってきた。経費210円なり。代わりに培養土を頼んでおいたら今日トラック便で到着した。その土を鉢へ入れチョコレートコスモス、ペチュニアドレスアップ、花手鞠、スィートピーなど寄せ植えした。園芸店へ見に行くとどうしてもいろいろと苗が欲しくなり鉢がドンドン増える。あと欲しいのはカリフォルニアローズフィエスタかなぁ?

ガーデニングを終えて今度は蕗みそと蕗の佃煮を作った。春の香りがする。s-PICT2490s-PICT2484

| | Comments (0)

March 21, 2006

ソメイヨシノ開花宣言

昨日は6時に柏を出て高速に乗ったのだが三郷も混んでいて45分かかって向島についた。ラジオの交通情報もどこもかしこも今日は混んでると言っていた。電光掲示板には三宅坂まで2時間!え~、家に帰るの9時ちかくになっちゃうよ。私は運転するのは嫌いではないが高速の渋滞に弱い。一人運転していると眠くなるのだ。下に降りようと決意する。信号で停まる方が眠気は少ない。6号から14号へ靖国神社の近くの桜を眺めた。もうふっくらしていた。そろそろだなぁとうれしかった。昨日はあちらこちらへ出かけて疲れたが今日は東京のソメイヨシノ開花宣言と野球も世界一!今日は素晴らしい日だ。s-PICT2480
野蕗のチャーハンとツクシの酢の物美味しかった

| | Comments (0)

March 20, 2006

春の野を摘む

先日某デパートの野菜売り場でツクシが売られていた。3月17日のズームインスーパーでは私のご贔屓辛坊さんが花粉症の効用を述べていた。ツクシを食べると花粉症の症状が改善されるらしい。友人達にその話をしたら花粉症の友人は是非ツクシを取りに行きたいと言う。私も軽いが花粉症の症状が出始めているので是非食べてみたいと思った。利根川の土手にツクシが生えているとの別の友人の情報で今日でかける予定になっていた。ところが折からの春の風で吹きさらしの土手を歩いては風邪引きそう!と今日は中止になった。

私は従兄弟に机の修繕を頼んでいて今日それを取りに行くことになったので一人出かけた。従兄弟の家は利根川の土手の近くにある。従兄弟の奥さんにその話をすると、蕗のとうなら場所を知っている、と連れて行ってくれた。すでに蕗のとうは姑になっていたが蕗みそを作るのにはいいかなと言う感じ。蕗はいっぱい出ていたので摘んできた。その辺りにはツクシは見あたらなかった。

ここまできたのだからと3時頃柏の家を出て布施弁天近くの友人が教えてくれた利根川の土手を歩いてみた。一生懸命目をこらして土手を見つめると、あった!s-PICT2475


明日はツクシご飯にしようかな?それともお酢のもの?

| | Comments (0)

March 19, 2006

3度目の正直

今日は四谷でSRRの試合だった。お昼になり持参のラジオを耳にする。0-0。試合は伯仲してるらしい。二時すぎ6-0で勝っているという情報が会場に流れた。続いて試合が終わり、勝ったことが報告されると拍手。明るい笑顔が皆に見られた。

帰宅してからTVを眺めた。試合後韓国の監督が日本は組織力もあり実力のあるチームとコメントしていたのが印象的だった。韓国も実力あるチームだ。短期決戦では運があるなぁと思った。

| | Comments (0)

March 18, 2006

Couve-Manteiga

ルーフガーデンへ出て植物の成長を見るのがとても楽しみな季節になってきた。今日はクレマチス、ビオラ、ダイアンサスを植え替えたり、薔薇に薬剤を撒いたりとガーデニングで半日を過ごした。

野菜の方もブラジルから買ってきたCouve-Manteigaの種をプランターに播いた。コウヴェというのはちょっとキャベツの葉に似ている。これをバター炒めにしたものがブラジル料理では欠かせない。キャペツよりも緑濃くマーケットでは「サンチュ」のように茎の辺りをくくり束にして売っている。今日本では新キャベツが柔らかくて美味しいがブラジルのキャペツ(Repolho)はどういうわけか固いのしか食べたことがない。新キャベツの時期もあると思うのだけれど・・・コウヴェのバター炒め何時食べられるかしらん。

| | Comments (0)

March 17, 2006

ドーナッツ

午前は会社で打ち合わせ、午後から新宿で13日からある友人の絵の展覧会へ行った。友人の絵は2枚。「秋の色」という椅子にかけている女性を描いた絵と瓶やランプを描いた「静物」。いいなぁ!こんな絵がかけるなんて・・・絵を見ることが大好きな私もいざ絵を描こうとしても描けない。結局基本的なデッサンが描けないのだ。しばし絵を楽しんでから甲州街道を新宿へ歩く。

デパ地下で久し振りに紀伊国屋でドーナッツを買った。このドーナッツ私のお気に入り。ところが値段を見て驚いた。一個90円とある。あら?値上がりしたの?と思わずコック帽をかぶった男性に聞いた。「すみません!」だって!すみませんじゃすまない。70円から90円に値上がりってちょっと値上げ幅が大きくありませんか?

| | Comments (0)

March 16, 2006

アネモネ

1ヶ月以上も飾っておいた親王飾りのお雛様、今日は丁寧に埃を払ってお顔を薄紙で覆いそれぞれの持ち物はZIPLOCへ。ZIPLPOCってホントに便利。防虫剤も入れて納戸へしまった。今年はなんかとてもお雛様がいとおしく感じた。年かなぁ?

出窓に何もなくなり大好きなアネモネを活けた。プランターのアネモネの蕾はまだ堅い。s-PICT2465

| | Comments (0)

March 15, 2006

ブラックバーロウ

昨日津田沼から連れて帰ってきた西洋オダマキ、ブラックバーロウ、他の荷物と混載したのでちょっと傷んでしまったが今日しげしげと眺めるにとても美しい。去年葛西で買ったブラックバーロウはまだ一輪も咲いていないけれどちょっと置いてある場所が悪いのか、こちらの方の根元を丹念に調べてみたけれど葉ばかり茂っていて花芽は一つも見あたらない。これは温室育ちではないからもう少し暖かくならないと花芽があがってこないのかも?

昨日のブラックバーロウちょっと落ち着いたら大きな鉢に植え替えよう。下草は白い花がいいなぁ。ロベリア、それとも今育ちつつあるダイアンサスブラック&ホワイトかな?s-PICT2461

| | Comments (0)

March 14, 2006

津田沼 梅の実園

友人が津田沼の梅の実園に連れて行ってくれた。ここは梅の実を取ることが本来の目的ではあるが公開しているらしい。近くを歩くとほのかな良い香りが漂ってきた。鑑賞にも良いように白梅、紅梅、豊後梅のピンクなどいろいろな色の梅が楽しめた。土日は人でいっぱいになるという。

お昼は近くの香港飯店でいただいた。お料理はどれも美味しかったがデザートの杏仁豆腐が絶品。その柔らかさとアーモンドエッセンスの香りがきつすぎず薄すぎずいい。白いドミタスくらいのカップにそのまま流し込まれており変に着色されたチェリーなどはいってない。ヤマモモの実の様なのがちょこんとのっかっていた。

杏仁というのは、杏(あんず)の種の中の白い部分(仁)というものと聞いたことがあるけどあれからこの香りをもともとは取ったのかな?こんど杏を取ったときにあの固い実を割ってなかの仁を食べてみようと思った。s-PICT2451
s-PICT2445 s-PICT2447

| | Comments (0)

March 13, 2006

ルシアンクッキー

本棚にあるお菓子の本を4冊テーブルの上に並べてルシアンクッキーのレシピーを探した。1973年婦人の友社発行の「デール夫人のクッキーズ」という本の中にレシピーがあった。こども達が小さいころクッキーとかパンとか良く作ったが最近はあまり作らない。種を作り200℃のオーブンで10分焼くとある。焼いていたら友人から電話!10分たってチーンと終了のベルがなったのだが電話は終わらない。5分後オーブンを開けたらちょっとおしりの方が狐色になっていたがおいしそうに焼けていた。味も昨日食べたのとおんなじだ。美味しい。s-PICT2440

| | Comments (0)

March 12, 2006

第11回茨城県知事杯

9時半から県知事杯のペア戦だった。オープン、△1000,△300と3セクションに分かれてのストラティファイドのペア戦。私たちはまん中のクラス。私はチーム戦の方が好きだけれどペア戦はペア戦でまた面白い。

お昼はなだ万のお弁当。ヘルシーで美味しかった。それとおやつに置いてあったルシアンクッキー。そうそうこれって私の大好物だった。ひさしぶりに明日はこのクッキーを作ろう。

民家の玄関横の福寿草!透明感のある花が実に良かった。s-PICT2434

| | Comments (0)

March 11, 2006

第11回茨城リジョナル

つくばエクスプレスに乗ってつくばへ出かけた。20年近く前に一度行ったときは国際会議場のまわりは何もなかったように思ったがなんと沢山の建物が建ち並びすっかり様変わりしていた。風もなく暖かくあちらこちら歩き回りたいような気分だったけれど、午後から茨城リジョナル、2セッションの試合。大きな会場では32チームが競い合った。残念ながら入賞ならず。夜は近くのお店でワイワイがやがや・・・それがまた楽しかった。

| | Comments (0)

March 10, 2006

大島

9日お昼過ぎ竹芝桟橋からジェットフォイルで大島へ向かった。東京湾にはホントに船が多い。漁船、観光船、タンカーなど行き交っている。2時間足らずで大島岡田港に着いた。ホテルに着いて部屋に入ると目の前がデンと・・・三原山しかなく他のものはなにもない。素晴らしかった。夜は星空が素晴らしいと聞いていたのだが昨夜は残念ながら曇っており代わりに都会では見ることの出来ない漆黒の闇を見た。

明日は三原山に登ろうと友人二人と話し合ったのだが・・・

今日は起きると雨。三原山はガスっていて全然見ることが出来ない。急遽予定変更して大島公園へ椿、大島桜を見に行った。椿は色々な種類の花を見ることが出来たし大島桜も満開だった。帰りのジェットフォイルは低気圧の通過の影響で欠航。大型船で東京へ戻った。東京湾から見た夜景も良かった。
s-PICT2365s-PICT2391s-PICT2393s-PICT2401s-PICT2417

| | Comments (0)

March 09, 2006

ショパンのワルツでした

このブログの背景の楽譜がなにかと「大人のためのピアノ教室」を主宰されている渡辺圭子先生にお尋ねしましたところ下記のようにお返事をいただきました。

この曲はショパンのワルツ14番、遺作・ホ短調です。ワルツの中でも結構、有名な曲です。あそこは出だしから9小節目かな?ショパンは生前に出版しなかった曲がたくさんあって、ワルツも遺作がたくさんあります。あれは「譜を読む」で解説してもらったことは、ありませんが昔、何回か人の前で弾いたことがある曲です。

ショパンのワルツというと小イヌのワルツくらいしかハミングして出てこない私ですが、一度この曲を聴いてみたいです。ありがとうございました。 

s-PICT2317
                    

| | Comments (0)

March 08, 2006

ティータイム

日中ポカポカな陽気だった。屋上に置いてあるチューリップ、ムスカリ、アネモネも頭をのぞかせている。クレマチスアフロディテも緑の葉っぱが大きくなってきた。ダイアンサスブラック&ホワイト、ニゲラ、ネモフィラも順調!防水ゴムの端からこぼれ種のビオラが生長している。薔薇の芽だしも美しい。植物好きな友人とティータイムを楽しんだ。s-PICT2315s-PICT2314

| | Comments (0)

March 07, 2006

リニューアル

昨日このブログを新しくした。おりしも昨日は「啓蟄」で私も虫と一緒かな?ずーと変えたいなぁと思っていた「花文帖」の背景もちょっとおしゃれになった。さっそく見た友人が一体この譜面はなんなの?とチャットで質問されたのだが、譜を読めない私は悲しいかな、わからない。序でにブログペットの背景画像も変えた。どうしても反映されない。またもとに戻そうかしら?と思っていたのだが、今日道を歩いていてわかった。サーバーに送っていなかった!基本的なことをすっかり忘れていた。アップは出来たがなんか変、当初の予定したのとちょっと違う。送ってもらったHPの内容をもう一度確認したらやっぱり間違えていた。絶対パスをつけて新しいのをアップできた。今日は月を見ていたら上限の月の様だけどこの背景は反映しないのか?

| | Comments (0)

March 06, 2006

ブラジルからようこそ!

ブラジルのヴィトリアから友人が来てくれた。昨年私が彼女の家を訪ねた時もらってきたマイソル矢筈葛、少し新芽が出てきたのを見てもらった。まだほとんどあれからおおきくなっていないように見えるけど、暖かくなればすぐ咲くよ、と言う。2・3日前京都府立植物園へ電話したら今きれいに咲いているらしい。早く見に行きたいと心ははやるもののいや待てよ、桜も見たいからもうちょっと我慢しようとも思う。一緒に見に行こうと誘ったら1ヶ月有効の切符なので20日にブラジルに帰るという。じゃー新宿御苑のまだ咲かないというマイソル矢筈葛見に行こうか?と出かけたら閉まっていた。残念!

| | Comments (0)

March 05, 2006

マスクをかけた友だち

今日はイイお天気だった。友人に会うとマスク姿だった。お食事の時だけマスクをはずし顔の全容がわかった。あとはおしゃべりするときもマスクをかけたまま・・・いよいよ杉花粉の季節がきたのだという。涙も出てくると言っていた。私は今年はまだそんなに感じないのだけれど、このごろはネットで地域情報もあるとTVで放映していた。でもひどいからと言ってそちらの方へ足を向けないわけにはいかないけれど。

http://kafun.yahoo.co.jp/

| | Comments (0)

March 04, 2006

雛飾りは何時しまう?

s-PICT2307子供のころ3月3日が過ぎるとすぐしまわないとお嫁にいけなくなりませんよ!と母に言われて渋々、早々に片づけたものだった。本当にそういう言い伝えがあったのだろうか?それとも場所を取る雛飾りが邪魔だったのかもしれない。私のは東京大空襲で焼かれて親王だけだったのだが、昔は叔母のも一緒に飾っていてひな壇にあふれかえっていた。しまうときは筆で埃を落としお顔を薄紙で覆い、刀や勺、烏帽子、冠、緋扇も薄紙で包んで樟脳をいれ桐箱にしまう。ひな壇も分解して箱にしまい、緋毛氈を陰干しにした後箱に入れそれを全部天袋へあげた。

今は親王飾りだけなのでしまうのも簡単。もうしばらく私の目の前に置いておこう。

| | Comments (0)

March 03, 2006

ひな祭り

hinamatsuri3月3日のひな祭り。親友のT子と我が家でひな祭りを祝った。アサリのむき身と菜の花の芥子和え、山芋とこうなごの梅肉和え、オクラと湯葉のゴマ和え、玉葱、かまぼこ、わかめの酢の物、キュウリと金山寺みそ、イカと田ぜりのソティー。彼女が持ってきてくれたのはからすみのようなたらこの粕漬け。これらをつまみながら焼酎のお湯割りを飲みながら女二人かたらう。ひとしきり飲んで小一時間家のまわりを歩いた。序でに将棋会館をのぞきA級順位戦の大判解説室をのぞいた。見物人で満員状態だった。3回以上はきっと静かな戦いが続いているだろう。家に帰ったらテレビで実況放送が始まった。

| | Comments (0)

March 02, 2006

アサガオはいつ蒔くの?

アサガオの種はいつ蒔いたらいいのですか?と友人が電話をしてきた。桜が散ってからよと私。

気象庁は1日、九州から関東甲信、北陸にかけての桜(ソメイヨシノ)開花予想を発表した。2月の気温が高く、3月も平年並みか高い予想のため、各地で早い開花となる見込み。 同庁は「遅めだった昨年より5-10日以上早い所が多い。観測58地点のうち、41地点で平年より早いと予想した」としている。

東京は3月25日だそうだ。そして開花から約1週間で満開になるから4月1日満開種を蒔くのは上旬かな?種送りますねと約束した。

| | Comments (0)

介護(BlogPet)

きのうayaの、母親みたいな話された!
でもPeterは、友人とか介護するつもりだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Peter」が書きました。

| | Comments (0)

March 01, 2006

熱海 ②

温泉、お食事、景色もGOOD!一番は親しい友とひさしぶりにゆっくり語らい笑い転げたのが楽しかった。11時までお部屋でくつろいだ後、ロビーで帰りのバスを待つ。ここのホテルはサービスがよく座っていると抹茶とお菓子、梅ジュース、コーヒーなどが常備されており運んでくれる。いい気分でそれを飲む。写真を撮ったり目の前に広がるすばらしい景色を名残惜しく眺める。

今日は雨降りなので満開の梅を見るのはやめて13時50分のスーパービュー踊り子号であっという間にまた東京へ舞い戻った。主婦に戻らなきゃ。今日の夕飯はお土産の鰺の干物と茎わさびの煮物、かまぼこ。

| | Comments (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »