« ITC東京クラブ9月例会 | Main | アサガオ鑑賞会 »

September 21, 2005

未成年者旅券発行申請および旅行許可権限申請委任状

ブラジル人がこれを訳して!と持ってきた書類の名称である。最初は原本を辞書を引き引き読んでもなんのことだかさっぱりわからなかったが事情を聞いてなんとなくわかってきた。日本人である父親は名古屋で働いており、ブラジル人である母親と日本国籍の子供(7才と9才)はブラジルに住んでいる。3人が日本へ来るためにはまずこども達が出国するのにブラジル国籍を取りさらに未成年者が国内および海外の旅行に同伴することを母親に委任すると言うことなのだ。ちなみに当人はその母親の妹に当たる。

この書類に委任者がサインをして日本の公証役場へ持って行きサインを登録してもらうのだそうだ(金2400円也)。そしてこれと色々な書類をブラジル領事館に提出するらしい。

こども達は何時日本に来ることが出来るのかしら?

|

« ITC東京クラブ9月例会 | Main | アサガオ鑑賞会 »

Comments

ブラジルは、未成年者が国内でも旅行するときは、両親の許可証が必要となります。
誘拐とか、どちらかの親が子供を連れて出奔するとか、いろいろあるからでしょうね。
別れて暮らしている場合など、面倒なようですよ。

Posted by: Sao Paulo | September 22, 2005 01:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ITC東京クラブ9月例会 | Main | アサガオ鑑賞会 »