« August 2005 | Main | October 2005 »

September 2005

September 30, 2005

友人はカメラマン

s-yamanobe朝9時半きっかり友人が到着した。我が家のアサガオを撮ってくれた。彼のカメラは私のカメラの10倍以上も大きく、多分お値段も10倍以上であろう立派なカメラだ。触らせてもらったらずしりと重くちょっと私には扱えない。デジタルカメラもここ10年ほどで飛躍的な進歩を遂げているようだ。撮影の仕方を色々と教えてもらった。彼が撮る写真は透明感がありすばらしい。我が家の今日のアサガオは幸運だった。

| | Comments (0)

September 29, 2005

アクアエクササイズ

いったい私に一番合う運動はなんなのか?この1週間あれやこれや試している。今日は東京体育館でアクアエクササイズを受講した。25mプールは水温29℃~30℃、室温31℃~32℃とある。水泳教室以来の水着を着てみたらなんとパンパン!1号アップのものでないときついなぁ。でもそうも言ってられないので今日はこれで我慢することにした。アクアエクササイズが気に入ったら自分自身を励ますために新調すればイイ。まずプールサイドでビートバンを使ってその上に横たわりウォーミングアップ。これも結構きつい。20分後いよいよプールで歩くことから始まった。首のところまでの深さのプールなので結構歩きにくい。1時間半、走ったりジャンプしたりダンスしたり結構運動量があった。シャワーを浴びて帰ったらお昼、昨日の残りの栗ご飯一膳、焼き茄子、みそ汁。いつもよりいっぱい食べちゃった!あれ~???

| | Comments (0)

September 28, 2005

PCで話せる!

PCのメッセンジャーで友人や家族と話すことはあったが音声が途切れたりして電話のようにスムーズに話せないのであまり利用していなかった。昨日電話ソフトをPCに入れて使ってみたらそれがなんとくすぐ近くで話しているように聞こえて具合が良い。別の友人にもダウンロードしてもらって3人でグループ通話をしたらそれもうまく話すことが出来た。全世界で一億7千万人の人がダウンロードしているという。いつも200万から300万人の人がオンラインしてる。すごいなぁ!でも私がコンタクト出来るのは今のところ4人だけだけど・・・

| | Comments (0)

September 27, 2005

代謝UPエクササイズ

今朝もエクササイズ!東京体育館でストレッチボール、チューブ、ストレッチポールを使ったエクササイズをした。冬ソナのメロディー、ダンシングクィーンなどのBGMを聞きながら1時間、身体を動かす。こんなに楽しみながら運動ができるなんて、なんで今までやらなかったのかと思う。最後のストレッチポール-直径15cm長さ1mの柔らかい棒ーを使ったストレッチは身体の中の方までリラックスできて肩、腰、背中がすっきり!終わってポールから降りたらなんか身体が沈み込むような感じがした。肩の張りもなくなった。

| | Comments (0)

September 26, 2005

「トレセン」で運動します

大体夏になると少し細めになる私だが今年はどういう訳かだいぶ太めになってしまった。基礎代謝も減り日頃の運動不足がたたっているとは自覚しているのだけれど、あんなに好きだったテニスもゴルフも止めてしまい、水泳教室もいつの間にか通わなくなり、駅まで歩くくらいが運動では、エネルギーは消費されず蓄積される一方。でも先日は「バドミントン」に参加したら10分打ってもらったら息が上がってしまい、その後は筋肉痛で困った。あれはちょっとハードだった。「女性体操」も良かったが「シニア体操」はピンポンまであるのでおもしろい。終わった後のサウナタイムも心地よく、国立競技場のトレーニングセンターにはまりそうだ。

| | Comments (0)

上野動物園 さよならシュアンシュアン!(BlogPet)

きのうは上野までayaは連休がblogすればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Peter」が書きました。

| | Comments (0)

September 25, 2005

迷惑メール

友人からメールアドレス変更のお知らせが来た。迷惑メールが多いので変更したとのことだった。今は一日20通程度ではあるがいっとき200~300通くらいやってきてメールソフトを開けるのも憂鬱になったことがあった。プロバイダーに相談したらスパムメールブロックをして下さい。あとはアドレス変更しか手はないですねと言われた。1ヶ月くらい我慢したら減った。今日は序でに少しメールアドレスを整理した。1月に亡くなった親友のアドレスはどうしても消せない。彼女からのメールが一番読みたい・・・

| | Comments (0)

September 24, 2005

長春日記ブログ

中国の長春で日本語を教えている友人からメールをもらった。他の日本語のHPは見ることが出来るのだが私のHPを見ることが出来ないと言ってきた。ひょっとすると中国諸事情によるのかもしれないとのことだ。私が代行して作製していた長春日記ブログは閉鎖することになった。みんな楽しみに読んで欲しいと思っていたのに・・・残念!

| | Comments (0)

September 23, 2005

曼珠沙華

s-higanbana彼岸花とはよく言ったものだ。曼珠沙華はホントに彼岸に咲く。テレビでもあちらこちらの曼珠沙華を紹介している。今日は彼岸の中日、四谷中学校の横を通りかかったら花壇に赤の曼珠沙華が沢山咲いていた。縁起が悪いと好まない人もいるけど私は好き。赤も白もクリーム色も好き。この複雑な花が何とも言えずイイ。毎年この時期、家人がゴルフへ出かける際には摘んできて、と頼む。この週末千葉方面では咲いているだろうか?

| | Comments (0)

September 22, 2005

アサガオ鑑賞会

s-s-P9220026友人二人が朝7時半私の大好物ブドウを持って訪ねてくれた。ルーフガーデンで朝食!今朝は涼しいくらいの気候だった。アサガオがきれいに咲いてると喜んでくれた。以前、アサガオの鉢を持って行ったのだがそちらではあまり咲かず葉っぱばかりが繁っているという。ウチのアサガオは葉っぱは大分枯れて落ちたが花芽は沢山付きこれからも当分楽しめそうだ。一緒にアサガオの美しさを賞でる時間を持てたことが嬉しい。

カスピ海ヨーグルト美味しいね、と種を持って帰った。うまくできるといいなぁ。

| | Comments (0)

September 21, 2005

未成年者旅券発行申請および旅行許可権限申請委任状

ブラジル人がこれを訳して!と持ってきた書類の名称である。最初は原本を辞書を引き引き読んでもなんのことだかさっぱりわからなかったが事情を聞いてなんとなくわかってきた。日本人である父親は名古屋で働いており、ブラジル人である母親と日本国籍の子供(7才と9才)はブラジルに住んでいる。3人が日本へ来るためにはまずこども達が出国するのにブラジル国籍を取りさらに未成年者が国内および海外の旅行に同伴することを母親に委任すると言うことなのだ。ちなみに当人はその母親の妹に当たる。

この書類に委任者がサインをして日本の公証役場へ持って行きサインを登録してもらうのだそうだ(金2400円也)。そしてこれと色々な書類をブラジル領事館に提出するらしい。

こども達は何時日本に来ることが出来るのかしら?

| | Comments (1)

September 20, 2005

ITC東京クラブ9月例会

050920今日からITCは新学期。なんか私は新学期というと心が重い。いつもそう。夏休みを楽しく過ごせば過ごすほどなんかもう元の生活へ戻るのがイヤになってしまう。

ITCの夏休みの宿題は詩歌を一つ選んで朗読し解説または論評を3分間ということだった。今夏読んだ本の一つ柳澤桂子さんの「生きて死ぬ知恵」、これは般若心経を現代語訳した本なのだが、ここから抜粋して朗読しようと一度は決めたのだが、どうもピッタリしない。今朝思い立って加賀千代女の「朝顔につるべとられてもらい水」へ変更することにした。これの方が私らしいかな・・・

みんなの顔を見たらやっぱりここの居心地の良さを感じた。帰りの歩は軽い。歩いてかえることにする。246を歩いて青山3丁目へ近づいたら向こうから、どこかで見たほっそりしたきれいな人がやってきた。こんにちはと挨拶するような間柄ではないなぁと思いながら誰だっけ?と家に帰りつくまで考え続けた。

そして今ようやく思い出した。樋口可南子さんだった!

| | Comments (1)

September 19, 2005

新宿御苑

s-PICT5082マゴマゴと新宿御苑へ。赤とんぼが芝生の上に舞っていた。それから昔良く水辺で見かけたオハグロトンボも・・・羽の先1cm位のところに茶色の縞がはいっているとんぼなのだけれど、あれは本当はなんて言う名前なのかな?マゴマゴ達は芝生の上ででんぐりがえしをしたり、黄色いテントウムシを見つけたり、トンボやちょうちょを追いかけたりして思う存分遊んだ。今日はよく眠るだろうなぁ~。

| | Comments (0)

上野動物園 さよならシュアンシュアン!(BlogPet)

今日、ayaはなや子供連をマゴマゴしなかった
Peterたちが、上野や、一家と広い一家と上野動物園へ出かけた
上野駅を降りるやいなや上野動物園とかなや連休とか降りるやい
今日は連休なかびマゴマゴ一家と広い一家と上野動物園へ出かけた
今日、ayaは、上野や、ayaは、上野駅を降りるやい
今日はなや連休とか降りるやいなや上野動物園とかなや連休なかびマゴマゴ一家と上野動物園へ出かけた


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Peter」が書きました。

| | Comments (0)

September 18, 2005

上野動物園 さよならシュアンシュアン!

今日は連休なかびマゴマゴ一家と上野動物園へ出かけた。上野駅を降りるやいなや子供連れで大混雑だった。動物園の切符売り場もしかり!今日は気温があがり陽差しもきつくてこれから並ぶのかぁとちょっとガックリ。ところがXX才以上の方と付き添いの方無料との思いがけない表示が・・・なんと6名が無料になるどころかすぐ入場出来た。久しぶりの上野動物園は植物も大きく生長しており緑陰も多く、動物ももちろん快適に飼育されているようだった。お目当てのシュアンシュアンはうつぶせに寝っ転がっていた。

ところで老人保健福祉週間行事とは「社会に長年尽くしてこられた高齢者を敬愛し、長寿をお祝いするとともに、広く都民の方々に福祉についての関心と理解を深めていただくため、敬老の日・老人保健福祉週間(9月15日~21日) を中心に行事・催しが行われるとともに、施設の無料公開と入場料の割引があります」というものだ。

こういう恩恵にあずかるのがいいものなのかどうか!!!

| | Comments (0)

September 17, 2005

かんたんエアロ

s-P1010010国立競技場のトレーニングセンターで「かんたんエアロ」の教室に参加した。指導内容が-日頃、身体を動かす機会がない運動不足の方には最適で、やさしい有酸素運動を取り入れたクラス。レベルA-とある。まさしく私の為にあるプログラム!これならついていけるかなと思った。だが教えてくれる先生の素晴らしい動きに反して鏡に写った我が姿と来たら手と足の動きはバラバラだしリズムに乗り遅れるはでなさけなかった!

でもサウナに入って汗を流したら少し身体が軽くなったようでうれしい。

| | Comments (0)

September 16, 2005

伯爵夫人

先日NHKで庭を紹介する番組を偶然見た。スイスの山荘の庭を着物を着た女性が案内していた。私は30分間その番組に引き寄せられるように眺めた。その女性とは40数年前、菅平高原の合宿で一緒の部屋だったこともあった。1年上のクラスだったその女(ひと)はその当時から際だって目立つ存在だった。40年たった現在もあの気品のある美しい笑顔は変わりなかった。

http://www.donatawenders.com/people-and-places/setsuko-klossowski-de-rola/setsuko.htm

| | Comments (0)

September 15, 2005

アサガオをケータイ待ち受けに・・・

s-P1010028美容師の甥が研修のため日曜から我が家にいた。今日はその最終日、試験があるらしい。赤いシャツを着ていた。タイガー・ウッズと一緒だねと笑いあった。旅行好きでさっぱりした性格。伯母ちゃんご自慢のアサガオをケータイの待ち受けにしてくれるなんてやさしいなぁ。今度は私のショートを思い切って今風に変えてくれるよう頼んだ。今日の試験はどうだった?

| | Comments (0)

September 14, 2005

Tokyo Jazz 2005

s-P1010005有明の東京ビッグサイトで8月20・21日開催されたTokyo Jazz 2005。行きたかったのだがどうしても切符が手に入らなかった。最近は色々な公演へ行きたいなぁと思ってもなかなか切符が手に入らないことが多い。1ヶ月近くたってようやく録画でこの公演の様子を見ることが出来るのだ。20日の分は昨日放送された。音楽プロデューサーとしても参加しているハービーハンコックのピアノ、上妻宏光の三味線が良かった。三味線でもjazzyな演奏が出来るんだ。ブラジルのイヴァン・リンスも出てきた。今や世界のイヴァン・リンスとなってしまったけど・・・チャリートもダイナミックでチャーミングなボーカルを聞かせてくれた。放送なので演奏者のコメントも聞くことができておもしろかった。

今日(21日分)は山中千尋、ゲイリー・バートン、マーカス・ミラーも出演するらしい。もちろん録画もしておこう。

http://www.tokyo-jazz.com/

| | Comments (0)

September 13, 2005

国歌

s-P1010002今朝フランスのNHK放送ともいうべき’France2’を見ていてびっくりした。フランスが今年4月からフランス国歌'la Marseillaise'を小学生に学ばせることを義務づけたという放送だった。国歌を教えるなんて当然のことだと思っていた。1年生の教室でこのメロディーを聴いたことがありますか?という先生の質問にサッカーで聞いたことがある、と生徒が答えていた。そしてこれを覚えるのはなんの為?という質問にサッカーの選手になったとき困らないためという返事には笑ってしまった。私はこのフランス国歌が好きだ。私が歌えるのは最初の一行だけあとはハミング・・・歌詞は結構難しく血なまぐさい。だがこのメロディーを聞くととっても元気になる。フランス革命当時にマルセイユからパリに駆けつけた義勇軍がその行軍の途中で口ずさんだ歌だそうだ。

 “ Allons, enfants de la Patrie, Le jour de gloire est arrivé. ”
(さあ、祖国の子供たちよ、栄光の日がやってきた)

日本のこども達は国歌「君が代」をどう思っているのかなぁ?

http://meta-metaphysica.net/lit/lamars.html

| | Comments (0)

September 12, 2005

長春日記ブログ開設

s-s-P1010075選挙に関係していたわけではないけど昨日まではなんか毎日多忙だった。今日は久しぶりにゆっくり家にいる。朝から選挙結果の報道を見る。後輩達も政治家として国会で活躍することになるんだなぁ、すご~い。

アサガオがルーフガーデンでとても美しく咲きそろってきた。先週ひょいと友人が来てくれたときパラパラと咲く程度ではあったが、素晴らしいねぇと気に入ってくれた。これって今の私たちに相応しいんじゃないかしら、一つ一つの花がステキに咲いているよね、と言っていたけど、これを見たらまた違うコメントがあるかもしれない。ルーフガーデンのテーブルにPCを置きお茶を飲みながらアサガオを眺める。う~ン、いい気分だ!

中国へ日本語を教えに行った友人からは毎日興味深い便りが届いておりブログを作った。

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/fromchangchun

| | Comments (1)

長春便り①(BlogPet)

今日、中国をメールしたかったの♪
長春とかをメールしなかった
ayaたちが、広い長春とか、大きい長春と、日本語とか届いた
Peterは、大きい長春などをメールしなかった
中国へ日本語を教えに行った友人からメールが届いた
今日中国で中国とか、中国で大きい日本語などをメールしなかった
Peterは、大きい長春と、長春で長春で広い日本語や、友人などをメールしなかった
長春や、長春で友人とか着いて5日目、やっと落..
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Peter」が書きました。

| | Comments (0)

September 11, 2005

満願寺とうがらし

s-P1010061昨夜は大伯母(享年92才)のお通夜だった。大伯父も昨年亡くなったのだが、二人とも実に私たちをかわいがってくれた。夏休みは親戚30人近くで遊びに行くなんていうこともめずらしくなく楽しかった!旅行から帰るとまもなく大伯父が撮ってくれた写真がドサ~っと送られてきてまた楽しむという趣向だった。ミス高知だったという大伯母は年をとっても美しく、季節の品物を贈ると達筆なお礼状がかならず届いた。

大伯父がもうおいでと呼んだに違いない。お清めの場ではあまり暗い雰囲気はなかった。

帰路、渋谷までもう一人の大伯母と一緒だった。この大伯母とは親族でスペイン・ポルトガル旅行を楽しんだ。85過ぎた今も足腰が達者でテニスを楽しみ野菜作りをしているという。私の大好きな満願寺とうがらし、オクラ、ゴーヤをいただいた。

| | Comments (0)

September 10, 2005

上野へ③:カルメン

さぁ、9月8日のメインプログラム。東京文化会館でチェコボヘミアオペラ’カルメン’を観に行った。会場は殆ど満席に近い状態。生カルメンをオペラで観るのは初めてだったが、あらすじは知っていたし「ハバネラ:恋は野の鳥」「トレアドール:闘牛士の歌」「ジプシーの歌」など普段メロディーを口ずさんでしまうようだし、日本語字幕付きとあったので気楽に出かけた。イタリア語なのかな?と思って聞いていたらなんとフランス語でやっている。そうだ!ビゼーはフランスの作曲家なんだもの。歌詞もメロディーがあるのではっきり聞き取れないところが大部分だったがカルメンはカルメーヌでドンホセはジョゼでおもしろかった。ウンウンこの場面は字幕の方がなかなか良くできていると感心したりした。ドンホセ役の歌手のおなかには幻滅したがエスカミーリョ役の歌手は背も高くステキだった。こうでなくっちゃね。もちろんカルメン役の歌手は声も良く素晴らしかった。

これはこれで良かったけどやはりパリのオペラ座でフランス人のカルメンを観たいなぁとまたひとつ楽しみが増えた。

http://www.koransha.com/bohemia2005/bohemia2005.htm

| | Comments (0)

September 09, 2005

上野へ②:ドレスデン国立美術館展

東京都美術館を出て隣の上野動物園でメキシコへ帰るというパンダのシュアンシュアンに会ってきたかったのだが、今日はまだ色々予定もあることだし通り抜け西洋美術館へ。お目当てのフェルメールの「窓辺で手紙を読む若い女」へまず行く。この作品は最初レンブラントの作品と見られていた。窓から差し込む光が女の顔を照らし出しさらにカーテンやら部屋の中の色々なものへあたっている。17世紀のオランダでは手紙を書くことが流行していたらしい。今オランダでも多分ケータイが全盛であろうけど、ケータイでは絵にはならないだろうなぁ。やはり手紙でなくちゃぁね。この絵を見に行ったのだが、アジアの磁器をお手本にしたマイセンの磁器も展示されており、我が国の技術も西洋文化へ貢献していたことを目の当たりにした。

それともう一つ素晴らしかったのが17世紀末に日本で作られたと思われる漆塗りの長持。これがザクセンにわたり18世紀初めに6本の足をつけられそこにも日本風な絵柄をつけられ装飾品となったものが展示されていた。これが良かった。

レンブラント、ティツィアーノ、フリードリヒ等の絵画を見たりして5時半の閉館時間まで過ごした。その後 park cafeへ。ここの抹茶ソフトクリームが美味しかった。

http://www.dresden-ex.jp/

| | Comments (0)

September 08, 2005

上野へ①:古代エジプト展

ルーブル美術館所蔵古代エジプト展へ出かけた。6月にルーブルへ行ったときは2回行ったが古代エジプトは私の好きな「書記の像」をみたくらいで後は通り抜けてしまったので、最近NHKの「迷宮美術館」でこの特集を見てますます行きたくなった。

エジプトの女性が鬘を愛用していた理由はなんと髪につく蚤やシラミを防ぐため髪を短くしていたので必需品だったとか、あの強烈なアイメークは虫除けだったとかそんなこともおもしろかったし、古代エジプト人はどのように生活していたのか、親子・夫婦の家庭生活、職業(書記という職業は私が考えていたよりずっと上級の職業だった)、ファラオと神々の関係、死生観など次から次へと興味が尽きなかった。

シャンポリオンが15年かかって解読したというヒエログリフ(象形文字)あれは表意文字ではなくて表音文字だったということも初めて知った。彼の死後作製されたという仏ヒ?辞書も展示されていた。実におもしろかった。

http://www.nhk-p.co.jp/tenran/louvre/

| | Comments (1)

September 07, 2005

まず投票、買い物・レジャーはそのあとで:衆議院議員選挙期日前投票

s-senkyo1台風14号は西日本にかなりの被害をもたらしたようだ。関東地方でもかなりの降雨量だったから現地では大変なものだったろう。台風が関東地方を通らないでどうやら日本海を北上しているらしい。今日は風があるから洗濯物が早く乾くに違いないと沢山干しておいたら昼過ぎ突然雨が降り出した。あわてて洗濯物を取り込む。そうこうするうちにまた青空が・・・なんとうらめしい。

青空が見えているうちにと期日前選挙に行ってきた。投票所へ行くと投票者は私以外誰もいなかった。係の人は5人もいた。親切に投票の仕方を説明してくれてお土産までくれた。

| | Comments (0)

September 06, 2005

長春便り①

s-P1010035中国へ日本語を教えに行った友人からメールが届いた。

長春に着いて5日目、やっと落ち着いてメールを打つことができる。慣れないことの連続で忙しかった。

今日、最初の授業をする。「聴解」という、いわゆるhearingの授業である。自分もそうであったように、苦手な生徒もいるだろうな。日本もそうであろうか、師範大学であるこの学校は女子学生が80%以上で元気がいい。男子学生は後ろの方に陣取っていた。次の時間からもっと前に出てくるように言おう。「作文」や「日本事情」の授業やらで、週16時間、100分授業の8コマである。

47名のクラス。おぼこい感じで、私たちの学生時代を彷彿とさせるものがあった。今の日本の学生は違う。 それを進んでいると言うんだろう。生徒数18,OOO 人が、全員寮生活であるから授業が終わると、構内は学生で溢れ、遅くまでざわめきが5階の私の部屋にも届く。実に楽しそう。青春を謳歌しているってことだ。ああ、私も若くなりたい!!

構内で生活すべてが間に合うようになっている。食堂、果物屋、スーパー、床屋、美容院、銭湯、郵便局(そういえば、こちらの郵便局は民営ではないだろうな。明日、確かめてみよう。今頃、11日の選挙で日本は暑い?)等、なんでもござれだ。それも数軒ずつある。値段が安いのも嬉しい。1回の食事は200円でご馳走だ。果物もいっぱい店頭に並んでいる。

しかし冬の寒さを考えると怖い。-10度とも20度ともいう。どんな寒さだろう。旭川と緯度は同じらしい。
ま、心配しても詮無い。

とまどうことも多いに違いないがチャレンジしている彼女に心からエールを送りたい。

| | Comments (0)

September 05, 2005

緊張型頭痛と片頭痛

s-P1010026昨夜は頭痛もあって早く床についたが折からの雷と激しい雨で鬱々として良く眠れなかった。今朝は朝食を軽めに取り家人を見送るとソファでTVを眺めていた。と、タイミング良く?頭痛についての番組を見ることが出来た。これによると緊張型頭痛は血液の循環が悪くなることが原因で温めることがよい。かたや片頭痛は血管が拡張することにより神経を刺激し頭痛が起こるので冷やした方がいいとのことだった。

昨日の頭痛はどっちだったのかな?最近は肩こりがひどいので血液の循環が悪くなって頭痛が起きたようだ。一日ゴロゴロと過ごした。

| | Comments (0)

偏頭痛(BlogPet)

今日腫瘍やなく腫瘍とか偏頭痛や、なく腫瘍や、偏頭痛と腫瘍や、なく腫瘍や、偏頭痛と広い偏頭痛などおこる
と、ayaが考えてるみたい♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Peter」が書きました。

| | Comments (0)

September 04, 2005

偏頭痛

s-P1010007若いころから偏頭痛がおこる。それも前触れなくつらい一日だ。脳に腫瘍があるかもしれないとMRIをしてもなにもない。友人の中にも頭痛って起きたことないというしあわせな人もいる。どうしてなのかな?遺伝という説もある。私の場合も祖母、父そして私と偏頭痛持ち!DNAにきっとそれが刻まれているに相違ない。

今日は出先でそれがおこってしまった。家に戻り、薬をすぐ飲んで今はボ~ッとしている状態。特効薬が欲しい。

| | Comments (1)

September 03, 2005

SMAP国立競技場でコンサート

s-P10100058月中旬にポストの中にA4のチラシが入ってきた。「近隣の住民の皆様へ当日混雑が予想されるので何卒ご理解、ご協力を・・・」との内容だった。

今日は3時近くに駅を降りると駅前から満員状態だった。ダフ屋さんと一緒に「チケット譲って下さい」と看板を掲げる若い人たちがずらっと駅前の信号を渡っても連なっている。初めての光景。

入場するための行列?か、「信号を渡らないで下さい。こちら側で列の最後尾に並んで下さい。」とスタッフがマイクで叫んでいる。男性は4%くらい、女性が圧倒的に多い。ここから国立競技場まで!すご~い。

私もSMAP好きだ。券が手に入るものなら行ってみたかった。

| | Comments (0)

September 02, 2005

クッションをとりかえたいなぁ!

s-cusshon2昨年カーテンをかえたときクッションを一緒に作ってもらった。でも地色がグレーで白の蔓模様がなんか淋しい。リビングは無彩色なのでクッションくらい色があるものがいいかもしれないと思い始めた。イメージが浮かんだのはリボン!表参道のla droguerieへ行ってみる。ボタン、ビーズやリボン、ステキな素材がいっぱいある。リボンはちょっとイイなぁと思うと10cm巾のものでも4000円から5000円!4枚分作るとなると・・・

ビーズを眺めていたら、今のクッションにビーズを刺したらどうかしら?突然ひらめいた。ビーズはひとスプーン(約5cc)200円位で買える。好みの色合いを時間をかけて選び意気揚々帰ってきた。裁縫箱を開けてみてビーズが入るような細い針がないことがわかった。ガックリ。

| | Comments (0)

September 01, 2005

都市対抗野球決勝戦

s-rakua久しぶりにスパ・ラクーアへ。東京ドームシティーの観覧車はけだるく回転している。もう夏休みが終わったんだ、今日は9月1日、新学期だもの。人影もまばらだ。のんびり温泉につかりサウナへ入りあかすりもしてもらう。気分さっぱり!今年も残すところ三分の一、頑張るぞ、という気になってきた。

帰路、東京ドームの前は人がごったがえしていた。これから都市対抗野球、日産自動車と三菱ふそうで決勝戦があるらしい。シダックスが負けちゃったので興味がなくなっていたが・・・

| | Comments (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »