« 郵便物の配達は一日一回? | Main | フランス語でブリッジ »

August 18, 2005

センセイの鞄

s-P1010006川上弘美原作の「センセイの鞄」が音楽劇として舞台化され渋谷のシアターコクーンで上演されている。友人に誘われて行ってきた。

’男’としても一抹の不安を抱く老境に入ったセンセイ(沢田研二)とその教え子(坂井真紀)との30才以上の年の差を超えた恋がテーマ。私はどうしても沢田研二というとタイガースそしてソロになってからのジュリーのかっこいいイメージが強くておなかがだぶついた沢田にどうしても納得がいかなかった。しかし久世光彦氏の演出とバイオリンとチェロ、箏のトリオが奏でる音楽がとても良かった。沢田はこの劇の為に5曲を新たに作曲したという。そしてこのような試みを5年続けているらしい。突然10年以上もタイムスリップしてしまって自分の中にある沢田についていけなかった。音楽劇としてはおもしろかった。時代の流れを受け入れるべきなのかなぁ。

http://www.wowow.co.jp/drama_anime/sensei/story.html

|

« 郵便物の配達は一日一回? | Main | フランス語でブリッジ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 郵便物の配達は一日一回? | Main | フランス語でブリッジ »