« テレビ電波障害防除対策工事のお知らせ | Main | 続 青い目の夫人 »

August 06, 2005

アサガオの遺伝の難しいお話

s-P8010021このアサガオについてアサガオの権威のN先生に質問したところ以下の様なお返事をいただいた。

ブルースターがこんなにはっきり絞るのは初めてみました。絞る原理は既に飯田先生のグループが明らかにされており、容易に想像できるトランスポゾンが原因ではなく、遺伝子の重複した部分が組み換えてしまうため易変性を示すのが原因のようです(Plant J. 38:840-849, 2004)。

これは体細胞突然変異ですが、青い花から採った種子が変異を引き継いでいれば青花になると思いますが、多くの場合ブルースターに戻るのではないでしょうか。来年も低い頻度ですが同じような株が出ると思います。

ブルースターとフライングソーサーの絞りの弱い株がしばしば混同されていますが、前者は種が白いのではっきり区別できます。

あまりにも専門的な難しいお話だ。種が出来たらまた来年も蒔いてみよう。

|

« テレビ電波障害防除対策工事のお知らせ | Main | 続 青い目の夫人 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« テレビ電波障害防除対策工事のお知らせ | Main | 続 青い目の夫人 »