« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

June 30, 2005

ペーパーシュレッダー

最近ダイレクトメールが多い。個人情報が流れるのを防ぐために書類は鋏で切ってゴミ箱に捨てていたのだが、遂にペーパーシュレッダーを購入した。使ってみてその便利さがよくわかった。アッという間に細かく裁断されてしまう。今度は万が一必要なモノを切ってしまった場合どうしようなどと変な心配をしてしまった。紙を裁断するときのブ~ンという音はなんとかならないものなのかしら?

| | Comments (0)

June 29, 2005

ブラジル料理も大好き!

s-PICT4556ブラジル人の友人が遊びに来た。彼女はお料理が得意で私が懐かしがるのでウチに来ると色々なブラジル料理を作ってくれる。今日は一緒にpastelaoを作った。ポルトガル語は名詞の語尾にao(アウン)をつけると大きいモノすご~いモノを意味する。

pastel(パステル)という食べ物がある。餃子のように中に挽肉とか鶏の蒸したモノをいれて小麦粉の皮で包んで揚げたものなのだが、pastelaoはそれよりも大きいということなのかな?玉子の白身を泡立てて塩をひとつまみ入れ-塩を入れると早く泡が立つのだそうだ-白身が泡立ってから黄身を混ぜさらに泡立たせ最後に小麦粉を小さじ1入れてからフライパンで焼き後は中身を入れて閉じる。これを食べていてモンサンミッシェルのオムレツを思い出した。中身がなければあの味だ。

ちなみに語尾にinho(イーニョ)をつけると逆に小さいモノ可愛いモノという意味になる。ポルトガル語の会話ではaoとinhoをつけた言葉を乱発する。ブラジルも懐かしい!

| | Comments (0)

June 28, 2005

36.2℃ですって・・・暑い!

s-PICT4543昨夜のニュースでフランスがここ1週間全土異常な高温であると伝えていた。やっぱりねぇ!ジベルニーに行ったときフランス人に「暑いですねぇ!これって異常じゃありませんか?」と言ったら「夏が来たんだ!」と暑いのは当たり前という感じだった。2年前にやはりこのような状態で多くの特に年配の方が亡くなったので今回は注意するようにニュースで言っていた。

そして今日都心でも36.2℃。6月の観測史上の最高気温を更新したらしい。私は暑いのに弱いので冷房を入れて家の中で過ごしていたがアサガオはこの暑さでほとんどが蕾も開くことなくぐったりしていた。この籠のなかのアサガオは比較的元気なのだが・・・

| | Comments (0)

June 27, 2005

ルバーブでジャムを作る

s-PICT4541s-PICT455423日にバスティーユのマルシェに行ったとき、ルバーブを見つけた。土曜日に帰ったのだけどイロイロ用事が重なって今日は夕方に時間が出来たのでルバーブでジャムを作ってみた。砂糖と同じ甘さでカロリーゼロという羅漢果から取った自然派甘味料を使って作った。早速ヨーグルトにトッピングして食べた。香りはないけれど甘酸っぱい味だった。

| | Comments (0)

June 26, 2005

ニゲラっておパリな花だなぁ

s-nigelleパリのバスティーユのマルシェで買ったニゲラ、ホントにステキ!うすい緑の蕾がだんだん開いてうすい水色になりそのうち濃い紫に近い色へと変化していく。買ってホテルの氷入れに入れてテーブルの上に飾っておいたのだけど連れて帰ってきた。アネモネを始め私はキンポウゲ科の花が好みだ。一束3ユーロだった。

| | Comments (0)

June 25, 2005

アサガオがお迎え

s-P92401012時に成田着。日本もパリと同じくらい暑い。アサガオたちがお迎えしてくれた。あちらこちら眺める。う~ん!咲いた様だ。家人に聞くとここ2・3日咲き出したとのこと。蔓は3mちかく伸びているのもある。うれしいなぁ。明日の朝起きるのが楽しみ!

| | Comments (0)

June 24, 2005

soldesが始まった!

s-PICT4545s-PICT4550

パリのセールは24日から始まるということは出かける前にネットで知った。今日は日本へ帰る日なのでそうそうゆっくりデパートに行ってもいられない。でもやっぱり行きたい。ギャラリーラファイエットはこの日は朝8時から夜10時半まで営業しているとのことだった。朝食を済ませ荷物をbagageに預け出かけた。着いたのは10時をまわっていた。すごい人・人・人みんな買い物に夢中になっている。私もarcheの赤と黒のサンダル、カードの模様が透けている山羊皮の手袋、ずっと欲しかった長方形のスカーフなどを買った。

午後8時発のピカチュウ柄の全日空機に乗った。s-PICT4532

| | Comments (0)

June 23, 2005

バガテル公園の薔薇

s-PICT4334s-PICT4390s-PICT4463s-PICT4473s-PICT4499地下鉄を待っていると隣で若いパリジェンヌがケータイで電話している。’Il fait superior superior chat!'なるほどそういう表現があるのかと感心した。確かにパリは最高に暑い。

午後、ブーローニュの森の中のバガテル公園へ出かけた。薔薇は全体としてはちょっと盛りを過ぎていたかもしれない。薔薇の種類の多さと仕立て方が見事だった。芝生のまわりをつげのような緑の濃い植物を10cmの高さに仕立てて縁取りし、中に薔薇が植えられている。それがとても美しかった。また孔雀が沢山放し飼いにされている。夢の楽園にいるようだった。

| | Comments (0)

June 22, 2005

シテ島の花屋にネコが・・・

s-P6280003s-PICT4202s-PICT4204s-PICT4207s-PICT4215

シテ島にマリーアントワネットが最後に処刑されるまでいたconciergerieを見に行った後地下鉄のシテ駅に向かって歩いていたら花屋さん街があった。20軒ほどもあったろうか。丁寧に見て歩いた。花の苗はほとんどが日本で売られているものと同じかな。西洋アサガオはかなり大きく仕立てられ売られていたカリフォルニアローズ・フィエスタも沢山売られていたがちょっと珍しかったのは斑入りの葉のもの。これで白い花ならイイなぁと思ったが残念ながら花も2色だった。

photophoreというコケティッシュなネコをお土産に買った。胴体にろうそくをいれて光を楽しむのだそうだ。

| | Comments (0)

June 21, 2005

オルセー美術館

s-PICT4115s-PICT4171s-PICT4176

| | Comments (0)

パリで引っ越し バラールからポルトマイヨーへ

ツアーから別れて延泊先のメリディアンエトワールへ引っ越しをした。それまでのホテルは西向きの部屋でエアコンが効かず暑かったが、こちらはエアコンも効き、コネクティングルームで行き来も自由で具合良かった。

パリには街路樹が2種類あり一つはマロニエもう一つは菩提樹だ。ポルトマイヨー駅近くには菩提樹があり丁度花が満開で近くを通ると良い香りがただよっていた。

| | Comments (0)

June 20, 2005

バルビゾン

s-PICT4052s-PICT4067s-PICT4105パリの国鉄リヨン駅(Gare de Lyon)から、Montereau, Sens, Montargis方面行きの列車に乗り、約45分のフォンテーヌブロー・アヴォン(Fontainebleau Avon)駅で降りた。バルビゾン行きのバスがないとのことなのでタクシーを待つがなかなかこない。タクシーを呼ぶことにする。まずテレフォンカードを売店で買い電話。しかしなかなかでない。小さい町だから台数が少ないのだ。ようやく電話が通じた。どうやら無線でタクシーにつながるらしかった。
帰りのタクシーも来てもらうことにして、町を歩く。バルビゾン派の画家達が集った場所、ガンヌの宿屋(バルビゾン派美術館)にはお金が無く、宿代の代わりに残した絵が数々残っていた。

リヨン駅は色々な人が行き交っていた。アフリカ系の一家も私の目を引いた。ご主人と息子は別になんていうことなくシャツとズボン姿だったが、奥さんの原色の黄緑と黒の柄のドレスそれに合わせたターバン、そして7・8才の女の子は黄緑の無地のワンピースを着ていた。

夜はリヨン駅構内にあるレストラン(le train blue)に行った。豊富な彫刻(レリーフ)や金泥、壁画・天井画に飾られた大広間を持つリヨン駅のビュッフェは1900年4月7日のオープン。まさに19世紀に入り込んだようなレストランでした。 お料理は美味しかったかなぁ?

| | Comments (0)

ネコのひげ(BlogPet)

今日はネットで広い写真とネコなどひげが咲いている
写真をBLOGしたかった
ねこのひげが咲いている
ネットで写真とネコなどひげが咲いている
写真を撮って眺めると花の感じがネコの顔とひげが咲いている
写真を撮って眺めると
感じや、ネコなどひげが咲いている
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Peter」が書きました。

| | Comments (0)

June 19, 2005

ベルサイユへ

s-PICT3893s-PICT3896s-PICT3943s-PICT4012s-PICT4013午前ノートルダム寺院、ルーブル美術館を駆け足で。午後はベルサイユ宮殿。

夕方バトームーシュに乗ってセーヌ河クルーズをした。建物が夕日に映えて美しかった。アナウンスも日本語でしてくれるので分かりやすかった。

| | Comments (0)

June 18, 2005

オンフルールからジベルニー

s-PICT3747s-PICT3757このフランス旅行は昨年の浜名湖花博のモネのジベルニーの庭を見に行ったことに始まる。是非本物を見てみたいとの4人の意見が一致したのだ。さて私ははっきり言ってがっかりした。水の庭園はまぁまぁだったが花の庭園の方はまとまりがなく、とにかく花という花を植えてありますという様に受け取れた。やっぱりイギリスの庭園の方がステキだなぁ。

夜はエッフェル塔へ。

| | Comments (0)

June 17, 2005

モンサンミッシェルへ行く

s-PICT3539s-PICT3543s-PICT3570アダモの’雪は降る’を聞きながらパリの西方モンサンミッシェルへ。フランス語を最初に習った教科書モージェにモンサンミッシェルの事がでていた。それ以来一度行きたいと思っていた。ランチの名物ふわふわオムレツをいただいた後、昇る。3層に分かれた内部は中性の序列社会を象徴している。巡礼者をもてなす最下層、貴族や騎士たちをもてなす中層、そして僧たちの生活の場が最上階だったとのことだ。現在は5名の修道女と7名の修道士が暮らしているそうだ。西側のテラスからは建物を取り巻くブルーの海が一望できた。

| | Comments (0)

June 16, 2005

シャルトルのノートルダムにヘブンリーブルーが・・・

s-PICT341640年近く前にもシャルトルに来ているのだがなんか全然記憶にない。左ゴシック様式の塔、右側がロマネスク様式の塔の西門からノートルダム大聖堂に入る。沢山のステンドグラスが外の光を受けて美しい。見終えてから庭へ。ヘブンリーブルーが咲いていた。

午後はロワール河畔の湖上シャンポール城とシュノンソー城を見学。

| | Comments (0)

June 15, 2005

スーツケースのキャスターがはずれて・・・

s-P9120022今朝もアサガオはとうとう咲かなかった。蕾は大きくなってきているのだけれど・・・残念!日暮里から京成のプラットホームに降りた途端、キャスターの一個がはずれていることに気づいた。しまった!女手でネジの閉め方が甘かったんだ。と思っても後の祭り。成田で新しいスーツケースを買い荷物を詰め替えた。

機中ではリチャード・ギアとジェニファー・ロペスの’Shall we danse?'ウィル・スミスの’最後の恋の始め方’クリント・イーストウッドの’ミリオンダラーベイビー’を見た。’Shall we danse?’はやはり日本の方がおもしろかった。

モンマルトル近くのホテル到着したのは7時頃、夏時間なのでこちらは10時過ぎまで明るい。スーパーへ行きホワイトアスパラガスを買いホテルで茹でていただいた。甘く美味しかった。s-PICT3310s-PICT3312

| | Comments (0)

June 14, 2005

フランスも異常気象?

s-PICT3282カナダのモントリオールで行われたF1を観戦して今日帰国した長女、その気温の高さにすっかり参ったそうだ。記録によると気温は32℃と言うことだが路面の温度は47℃近くありその影響で半数近いマシンが途中でリタイアしてしまったとのことだ。カナダと言えばなんか涼しいイメージだけど・・・明日からフランスに行く私にとって天気はとても気になる。あちらこちらのサイトで天気予報を見てみるのだがどうも5℃の差がある。少し変化を持たせて荷造りした。

それにしても我が家のソフトクリーム状のアサガオ、明日きれいに咲いて私を見送っておくれ!

| | Comments (0)

June 13, 2005

ネコのひげ

s-PICT3241ねこのひげが咲いている。写真を撮って眺めると花の感じがネコの顔とひげに似ていておもしろい。狭い場所を通り抜けられるかどうかを判断する為にネコの顔にはヒゲがはえていると言われているが、ウチのネコは太ってもヒゲはそのまま。これでは通り抜けることができないだろう。目の上のまつげは「触れると目をとじなさい」という命令を出して目を守る為だがネコのひげはどうやら人間のまつげと同じ役目をもっているらしい。

| | Comments (0)

ドイツへ行けるんだね(BlogPet)

きょうは、ボールへキープしたかも。
きょうは、キープするはずだった。
ここでボールとかキープしなかったー。


*このエントリは、BlogPetの「Peter」が書きました。

| | Comments (0)

June 12, 2005

メキシカーネリンがやってきた!

s-PICT3254s-PICT3273アイビーゼラニウムこんなに大きくなったよ。こんどあげるね。と添付写真付きメールが入った。ちょっと今受け取りにいけない!と返信メールを出したら早速届けて下さった。それも二人で風呂敷に包んで電車で運んで下さったとのこと。もう大感激である。白い花びらにスカーレットの覆輪、いわゆるピコティーだ。10年くらい前コスモスのピコティーがお気に入りで育てたことがある。そんなことご存じないだろうけど私はピコティーだ!とうれしい。フレンチカンカンのダンサーがスカートをパッと広げたようで可愛い。名前を調べたらメキシカーネリンという種類らしい。アイビーゼラニウムなのでハンギング仕立てにするときれいだろうなぁ。

| | Comments (0)

June 11, 2005

宮崎の完熟マンゴ

s-PICT3229ブラジルでもこんなに美味しいマンゴは食べたことがなかったように思う。赤緑色の皮を薄くそぐように剥くと濃い黄色い果肉が・・・中の種はごくごく薄いので食べる部分も多い。そのあと種のあたりをさらにchupa(シューパ)する。これがまた美味しい!主婦の特権だ。’chupar’というのはポルトガル語なのだが日本語だと「しゃぶる」と言う意味。しゃぶるというとなんかあまり品が良くないように感じるので私はもっぱらこの言葉を愛用?している。

今日のサラダは我が家のコンテナのルッコラ、ナスタチウム、そしてイタリアンパセリの花ちょっと癖のある食材だがそれぞれの味をかみしめながら食べた。

| | Comments (0)

June 10, 2005

アサガオ一番花の開花は6月24日?

午後から本格的な雨が降り出した。いよいよ梅雨入りらしい。ジトジトと湿気の多い季節がやってきた。人間にとっては過ごしにくいが植物は生き生きしているようだ。アサガオの蔓をネットにからませてあげてもあらぬ方向へ行ってしまったりしている。屋上は横へネットを張っているのだがどうしても上へ上へとのびてうまくこちらの思惑通りにいってくれない。でも花芽も大きくなってきている。一番花の開花を6月24日としたがどうかな?

| | Comments (0)

June 09, 2005

スーツケースのキャスターが具合悪くなった。

s-PICT322410年来使ってきた布帛のスーツケースが去年くらいからキャスターの部分が摩耗して動きが悪い。メーカーにキャスターの取り替えを聞いてみたら1~2ヶ月かかり値段もはっきりしたことは言えないとのことだった。買い換えようかなぁと思って百貨店で見比べたのだが帯に短したすきに長し。これがイイ!といったスーツケースがない。帰りに東急ハンズへ寄ってみたらキャスターが山と売られていた。そしてそのうちの一つが私のスーツケースに合いそうなので買ってきた。現在のスーツケースのネジ穴を利用することが出来、簡単に取り付けることができた。明日残りの3コを買ってこよう。もうしばらくはこのスーツケースが使えそうだ。

| | Comments (2)

June 08, 2005

ドイツへ行けるんだね

テレビにかじりついてサッカーを観戦。ボールをキープしている時間は長いのに決定的なシュートがない。前半が終わりこのまま引き分けかな?と思っていたら点が入った。興奮覚めやらぬままあちらこちらテレビのチャンネルをまわす。みんな大喜びしてる。家の外でも国立競技場から出てきたサポーターが11時をまわってもニッポン、ニッポン・・・と歓声を上げていた。よかったね。

| | Comments (0)

北朝鮮VS日本戦始まった

s-PICT3216野の花の摘み草をお土産に夕方国立競技場を通りかかったらブルーのユニフォームを着た日本のサポーターであふれかえっていた。7時のニュースによると8000人も国立競技場で応援しているらしい。ヘリコプターも上空で取材している。ゴールチャンスになると我が家から大きな歓声が聞こえる。さぁ!日本のゴール!という声を聞きたいものだ。

| | Comments (0)

June 07, 2005

柏葉アジサイって紅葉する?

s-ajisais-s-P9060026
玄関横はちょっと日当たりが良くない。それでも柏葉アジサイは真っ白な花を次から次へと咲き続けずっと楽しんできた。今日気が付いたのだが花が紅葉?している。普通の青いアジサイも色が赤くまた緑色に変わることもあるが柏葉アジサイもそうなのかな?これもまた美しい。

| | Comments (0)

June 06, 2005

アサガオカーテン進行中!

s-PICT3176リビングルームから見ることの出来る坪ベランダガーデンにダイアンサス’ブラック&ホワイト’がまとまって咲いてきた。ペチュニアのドレスアップ、インパチェンスのフィエスタもいい。さわやかな風を感じお気に入りの花を眺めながら2005アサガオのHPを作成した。

http://homepage3.nifty.com/aya_japan/asagao050.htm


| | Comments (0)

June 05, 2005

プリエッタが鉢いっぱいに・・・

s-PICT3150第一園芸で購入したプリエッタ。一株でこんなに大きく成長した。でもなんか全体の花の咲き方があまりお行儀良くない。これはハンギングバスケットにしたら見栄えするのかな?とにかく真っ白い小さい花がビッシリ咲いている。

| | Comments (0)

フリマで家の中がちょっぴり片づいた?(BlogPet)

きょう、ayaとここまでblogすればよかった?


*このエントリは、BlogPetの「Peter」が書きました。

| | Comments (0)

June 04, 2005

ミルキーウェイが一番に咲いた

s-PICT3135ミルキーウェイが咲いた。今年はブルー系の西洋アサガオを咲かせようと張り切っているのだが、このミルキーウェイ屋上の防水ゴムの隙間に落ちたこぼれ種が芽を出し大きくなったもの。あまりにも勢いよく成長してるので抜かずにおいておいたら今日初めて花を一輪付けた。

プランターに植えた他の西洋アサガオたち、花芽は既に沢山あるが花開くのは下旬になりそう!去年も一昨年も6月13日に一番花が咲いたのだが・・・

| | Comments (0)

June 03, 2005

摘果メロンの粕漬け

s-PICT3146小メロンの粕漬けが美味しく漬かってきた。ぬか漬けもまだ健在!温かいご飯と美味しいみそ汁とお漬け物があれば言うことなし。コーヒータイムをしに来た友人二人にも「美味しいのよ」とお土産にした。美味しかったわぁ~、と言ってくれるかな?夜のメールが待ち遠しい。

| | Comments (0)

June 02, 2005

マサにガスとは?

s-PICT3115新宿駅の構内に田村正和が東京ガスのCMで「マサにガスだね」と言っている広告があった。あれはTVでも放映されていて何度か見ているのだが、しばらく眺めて急に私は笑い出した。それまでは「マサにガスだね」という意味が全然わからなかったのだ。ーちょっとおそい私-そして先日引っ越したばかりの友人宅のガスコンロが一度設定すればちゃんとご飯が炊けると言っていたのも同時に思い出した。今炊飯器は電気なのかガスなのかどっちがいいのだろう?

| | Comments (0)

June 01, 2005

『枕草子』の「木」と「花」

s-PICT3106高校時代のボーイフレンドから「講座 歴史の歩き方」-日本を見つける知の探訪-第31回『枕草子』が描く平安朝の美と暮らしの入場券をもらった。18:00ー20:55、有楽町の読売ホール。第1部は三田村雅子フェリス女学院大学教授の『枕草子』の「木」と「花」。清少納言が『枕草子』を書いたころの時代背景、彼女が置かれた立場も詳しくテンポ良く話して下さった。そして34段と37段を朗々と魅せられる様な高らかな声で詠んでから、清少納言が一般的な美のレベルを超えたものを和歌、歌謡、漢詩の素養も交え独特の感性で書いていると見事に解き明かしてゆく。2時間があっという間に過ぎてしまった。第2部は片桐洋一大阪女子大学名誉教授の歌枕と『枕草子』。こちらはあまりにも専門的で短歌をたしなむこともない私にはちょっと眠い2時間だった。

久方ぶりの知的な講義だった。

| | Comments (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »