« 挿し茎の西洋アサガオ(こうさぎ) | Main | 栄養補助食品 »

October 02, 2004

ガーフィールド

朝からラクーアでICHIROの快挙を見る。髪を切り温泉にゆっくり入る。その後新宿に出て、ガーフィールドを見た。

ジム・デイヴィスが1978年に新聞連載を始めるや、大人気となったコミック『ガーフィールド』の主人公ネコ。オス。ラザニアが大好きなせいか太り気味、かつ、怠け者で皮肉屋でうぬぼれ屋……。そんなキャラクターにもかかわらず、ドジでどこか憎めない愛嬌が受け、人気となっている。現在、全世界の約2600以上の新聞で連載され、2億6000万人以上の読者を持つ、「世界一有名な猫」である。

とにかく楽しい1時間半だった。

|

« 挿し茎の西洋アサガオ(こうさぎ) | Main | 栄養補助食品 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガーフィールド:

« 挿し茎の西洋アサガオ(こうさぎ) | Main | 栄養補助食品 »