August 22, 2019

スパ・ラクーア

MIさんと東京ドームのスパ・ラクーアへ。二人揃ってCut & Henaしてもらった。
あとはのんびり~温泉につかった後はロビーで「さんマニア」。1勝2敗1分け。MIさんはゲームに強い。

Boat

夏休み中でもあり東京ドーム前は楽天イーグルスとロッテマリーンズの応援の人たちも多く若い人であふれていた。

Tapioka_01ドーム近くのローソンで今流行りの冷凍タピオカを買ってきた。お茶はHarumiちゃんから貰ったマレーシアBohのマンゴ風味ティー。はまりそう~!

| | Comments (0)

August 21, 2019

ファーブル先生の昆虫教室

日本野鳥の会主催の探鳥会に参加しているが夏場は鳥が少ないのでリーダーは昆虫の生態について説明してくださる。


今日は体操教室の帰り四谷図書館へ行きジャン・アンリ・ファーブルの「ファーブル昆虫記」(奥本大三郎訳)を眺めた。まず訳者前書きを読むと面白いことが書かれていた。

この本の原題は"Souvenirs Entomotogique"直訳すれば「昆虫学的回想録」だがこの署名を簡潔に「昆虫記」と訳したのは大正期の無政府主義者大杉栄だった。「記」とは中国で言う事実を記録する文章のことで『古事記』の「記」。大杉はどのようにして『昆虫記』を読んだのか?それはファーブルの死後間もない1919年の暮れ。しつこい尾行の巡査を殴ったため懲役3か月の判決を下された大杉は寒い独房で読む本を20冊ほど抱えて監獄に入った。入るとすぐ丸善の新着本であるファーブルの英訳書が5冊差し入れられた。出獄した大杉はフランス語の原書からの翻訳に手を付け始めた。フランス語は陸軍幼年学校と東京外国語学校で学んでいるから独学ではなかった。1922年には第一巻を訳し終えた。彼としてはこのまま全十巻を訳すつもりであったが翌12年憲兵隊によって虐殺された。

前書きは面白かったが本文は難しかった。本の中の奥本氏のプロフィールを読むとジュニア版も出されていることを知り「ファーブル先生の昆虫教室」も借りてきた。


Henrifable

やましたこうへい氏のイラストも面白くこちらの方が身近に楽しく読めそうだ。

| | Comments (0)

August 20, 2019

野鳥写真展

今日は春日BCでECだった。

Ecom

朝水道橋駅に降り立つと辺りはどんよりした天気。

Shrine_20190820203201

春日の局ゆかりの出世稲荷へお詣り。
お詣りの甲斐があったのかなかったのか6位だった。
帰り丸の内線でお茶の水まで出てECOM駿河台2Fで開催中の「野鳥写真展」へ。

Ecom_02

東京にいる野鳥の可愛い、ビックリするような、癒される姿(アンケートを提出)をうまく捉えて撮影されていた。

| | Comments (0)

August 19, 2019

読書

今日は一日読書。先日図書館で借りてきた本を読んだ。
まず読んだのが古市憲寿著「平成くん、さようなら」芥川賞候補にもなった作品。
29才の平成(ひとなり)君が同棲している恋人の愛ちゃんに安楽死したいと告白することから物語は始まった。読みやすくサクサクと一度読み終えたが私の知らない二人の男女のラグジュアリーな生活についていけなかった。気を取り直してもう一度読んでみたらなんとなく分かったような・・・

次は陸軍登戸研究所<秘密戦>の世界。先日「歩こう会」で出かけた明治大学生田キャンパス内の資料館の内容をより強く把握できた。風船爆弾・暗殺用薬物・生物兵器・偽札・スパイ機材などの記述が詳しく書かれていた。

最後が「くらべてわかる昆虫」という本。こういう本は手元に置いておいて眺めるのが良い。
Tombo_01_20190819205901昨日明治神宮で見たこのトンボ、オニヤンマかなと思っていたら「神戸のトンボ広場」さんから「シオカラトンボのメスです。体のもようと複眼が緑色をしていることで分かります。」とお返事をいただいた。

夏休みも終わりに近づき夕食は新宿のお寿司屋さんに予約が取れたので会食会。皆がよく食べるのを感心して眺めた。

| | Comments (0)

August 18, 2019

明治神宮探鳥会

朝7時起床!昨日もらったインスタントスープを飲んで出かけることにした。中身を開けてお湯を注ぐだけ?と思って裏面の作り方を見るとさにあらず中身をお鍋に開けそこにフクロ六分目ほどの水を二杯注ぎ6分間時々かき混ぜて・・・とあった。Meijishrine_04_20190818160301美味しかったがパクチーをたっぷりをのせて食べたらもっと美味しかったかも!。さて8時過ぎ家を出た。外は暑~い!今日は途中退場かなぁと覚悟しながら明治神宮北参道門へ。参加者はいつもより少な目だったが夏休みとあって元気な子供たちもいた。
リーダーの挨拶の後蝉しぐれの神宮へ入りまず樹の色々な樹皮の姿の説明から始まった。Meijishrine_12_20190818161501カラスの羽根があちらこちらに落ちていた。今は生え変わりの時期とのことだ。リーダーはカラスのどの部分の羽根かが分かるようだった。
Meijishrine
北池には亀が一生懸命岩を上るのだが滑り落ちを繰り返す姿が見られた。
Meijishrine_01_20190818161801
亀が登ろうとした岩上部には交尾中のシオカラトンボがいた。オスはいわゆるグレー、メスは黄色っぽい。
シオカラトンボの連結の輪,いわゆる交尾のスタイルです。
このスタイルで,他のトンボを激しく追い回していました。
そして,邪魔者がいなくなるとこうやってとまります。
トンボの生殖孔は雌雄ともに腹部後端(尾)にあるのですが,
オスの腹部後端はメスの頭を押さえつけるのに使われてしまいます。
したがって,オスはあらかじめ腹部前端にある交接器に
後端の生殖器より精子を移動させておき,
この交接器にメスの産卵管を接し,
つながることでハート型の輪になり,生殖活動が行われます。
トンボの交尾は尾が交わらない,特殊形なのです。
子供たちは次から次へ昆虫を見つけリーダーに尋ねる。
Meijishrine_03
ニホンアマガエル
Meijishrine_05_20190818162101
コフキコガネ
Meijishrine_08_20190818165101
ニホントカゲ
Meijishrine_06_20190818162801
カブトムシ
Meijishrine_09_20190818162801
菖蒲田にはアオサギ
Meijishrine_11
東屋に行く手前の川近くに傷ついたダイサギの姿も・・・ 写真は撮らなかったがツマグロヒョウモン、センチコガネ、ムラサキシジミ、ヒヨドリバチ、ウチワヤンマ、オオヤマトンボ、オオヒラタシデムシ、蝉を食べていたキイロスズメハチなどの昆虫の詳しい説明をして下さった。 最後の「鳥あわせ」まで参加。

| | Comments (0)

August 17, 2019

フクロ三モクゲンジ

今朝TV「旅サラダ」で中国雲南省の映像が流れていた。懐かしい!

Fukuromi_1
中国雲南省原産のフクロミモクゲンジが芽を出したのは去年の2月終わり。
Mokugenji
8月10日写真の師匠の鴨川のお宅に伺ったとき見たらあのフクロ三モクゲンジが2m位に成長していた。場所も気に入ったのだろう。黄色い花が咲くのはいつかな?

今夜は高田馬場BCでRammycube大会。22位だったがサンジェルマンのレーズンパンとタイのインスタントエビ風味ライススープをゲット。


| | Comments (0)

August 16, 2019

タピ活

最近タピオカを使った飲み物が流行っている。

Tapioka_20190816174201

作ってはみたけどいまいち。小さく丸めるのが難しい。それにタピオカドリンクは容器が大事らしい。ストローも太いものでないと吸いあがらない。
午後「布遊びの会」でNさんと会った。


Newcoincase

ニューバージョン「畳縁のコインケース」作りのプリントを渡した。分かってもらえるかな?

夜高田馬場BCで3時間「金ブリ」楽しんだ。


| | Comments (0)

August 15, 2019

蝉の幼虫

8月12日の「夜の昆虫探検」のメインイベントは蝉の羽化だった。

Semi
Semi_01

抜け殻が沢山残っている。

Semi_03

辺りが暗くなると土の中からゾロゾロ・・・リーダーに踏まないように注意を受けた。

Semi_02

気の早い子も・・・

Semi_06
Semi_05

モゾモゾ!

Semi_10

幼虫はカラスなどに襲われないように暗くなってから土の中から這い出で羽化するが羽根がしっかりするまで5時間位かかるため10時頃までに羽化するのだそうだ。
観察会を終わり皆で歩いていると一人の男性が近づいてきた。その方の話では蝉の幼虫を唐揚げにして食べる習慣がある国の人があるとか・・・どうやら幼虫を捕獲しに来た輩と思われたらしい。

 

| | Comments (0)

August 14, 2019

大温室@御苑

朝9時過ぎ強い雨が落ちてきたのでいよいよ台風10号の影響かな?と思ったら10分も経たない内にカラっと晴れ夏空がのぞいた。図書館から予約していた本が届きましたとメールが来ていたので受け取りに出かけた。ところがなんと今日は本の整理日で休館!四谷近隣センター隣の御苑の大温室をのぞいてみた。

Hibiscus
真っ赤なハイビスカス。見事!
Gyoen_01_20190814132101
Tacca Chantrieri 東南アジア原産 タシロイモ科 コウモリに似ていることから別名バットフラワー
Gyoen_02_20190814132101
クスダマジンジャー インドネシア原産 ショウガ科 花の形から別名マツカサジンジャー
Nobotan
シコンノボタン ノボタン科
熱帯の植物を色々見ることができた。
午後の「文化講座」はチェアエクササイズ。BGMが流れる中ボールを使ったりセラバンドを使ったリズム体操だった!

| | Comments (0)

August 13, 2019

八月納涼歌舞伎

午前中高田馬場BCで夏季IMP。
Kabuki午後三越でショッピングしてから歌舞伎座へ。
Kabuki_01

友人たちと出会い入場。
第二部の演目は「東海道中膝栗毛」

2016年から続く“弥次喜多シリーズ”の第4弾「東海道中膝栗毛」前作で冥土に旅立った弥次郎兵衛(幸四郎)と喜多八(市川猿之助)だったが、それはすべて夢だった。改めてお伊勢参りを決意する2人は、道中で自分たちと瓜二つの怪しげな2人組・獅子戸乱武=トランプ(幸四郎)と黒船風珍=フーチン(猿之助)に出会い……。幸四郎と猿之助によるコミカルながらも見事な早替り。市川染五郎演じる染松と市川團子演じる團市の登場シーンでは、幸四郎と鎌川霧蔵役の市川中車との“親子ネタ”も披露。笑いの絶えない展開に加え、歌舞伎の名作をオマージュしたシーンが随所にちりばめられるなど、趣向を凝らした演出が見どころ。

トランブとフーチンには大笑い。でもちょっとドタバタ歌舞伎だった!

久しぶりに会った友人たちと会話を楽しみながらお弁当。午後6時半から第三部が始まった。

第三部で上演されるのは、仇討ちを目論みつつ、芸の道を極める歌舞伎役者・中村雪之丞の物語を描く「新版 雪之丞変化」。映像を取り入れた、坂東玉三郎の新演出によって立ち上げられる本作では、玉三郎が雪之丞を、七之助が雪之丞を導く先輩役者・秋空星三郎を勤め、中車は中村菊之丞、土部三斎、孤軒老師、脇田一松斎、盗賊闇太郎の5役に挑む。

舞台上のモニターに映像がありそこに色々なシーンが入ってくる。それが新しくて面白かった。終演9時。

| | Comments (0)

«「私は誰でしょう?」クイズ