June 25, 2018

ツマグロヒョウモンの羽化

今日は友人4人でSpaLaQuaの日

出がけにツマグロヒョウモンの飼育槽を見たらナント既に二匹が羽化していた。時々羽根をバタつかせ飛ぶ準備をしている様子。

Butterfly_6

Butterfly_5

もう一匹も生まれたばかりだった。下に敷いたペーパータオルには赤いシミが点々と・・・

これはなんだろう?ググってみると

蛹から羽化して蝶になる過程で、余分な体液を排出して身軽になり飛びやすくする。羽化した後に体液を翅脈に圧送、翅を展開。翅が完成すると翅脈の中は中空になり翅をささえいらなくなった体液は捨ててしまう。

蛹便と言うらしい。

Butterfly_4

5時過ぎ帰ったら用意した砂糖水を吸ってくれていた。他の蛹に変化なし!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2018

第39回轍の会

午後2時から国立能楽堂で第39回轍の会。

午前中ショボショボ降っていた雨も午後はからりと晴れた。

Wadachinokai_1_01

6月10日の「能を知る集い」には行けなかったので少し残念だったが本田師の「砧」は私も良く知っているくらい有名な能だったのでゆっくり鑑賞できた。江戸に出かけた夫を九州で待つこと3年妻は砧を打ち心慰めるが淋しさのあまり死んでしまう。夫は帰国し妻を弔うと亡霊の妻が夫に対し恨みを述べるが最後には成仏するという100分を超える演目だった。前シテの朝顔の扇子が素晴らしかった。

「腰祈」という狂言は初めてだったが面白かった。山伏が久しぶりに祖父を尋ね曲がった腰を念力で伸ばそうとすると腰は伸びすぎたり曲がりすぎたりする。「過ぎたるは及ばざるが如し」

最初の演目「自然居士」は人買いにさらわれた少女を助ける話だったがワキの人買いを演じた福王師が良かった。

Wadachinokai_1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2018

サンプル生地で・・・

お昼母と会食。よく食べると感心した。食べないよりはいいけど・・・

帰宅後昨日の生地でジーンズ風パンツを縫ってみた。

Toutafait_1

Kitty_1

ポケットをつけるのが一番大変だったかな!ストレッチなのでラクチンに履ける。

生地の上部にあるピンク系の生地は何なのか不明。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2018

歯科

おはようございます!との挨拶が済んだらすぐ奥歯周りの歯肉へ麻酔。治療が始まった。口を開けぱなしで30分間結構辛かった。

久しぶりのいいお天気なので洗濯。

Soleil_1

洗濯ものの傍らの黒ひまわり。

午後から近くのアパレルショップセールをMさんと・・・

"Hello Kity"のデニム生地200円ということで三脚入れにしようかなと思って買ってきた。

Toutafait_1

帰って広げてビックリ!どうやらこれを縫い合わせるとジーンズ風パンツができる??

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2018

内科受診

検診センターからCKDの値が60を切ったので内科を受診するようにと連絡があった。腎臓とか膵臓はなかなか難しい臓器と聞いているので重い腰を上げて内科を受診した。

取り敢えず採血をし次回診断。血圧測定を日に二回、導眠剤をしばらく服用するように勧められた。

今日は曇り空ではあったが雨が降っていないのでO先生の「歩き方教室」を受講。新宿御苑の緑濃くなった芝の上を歩いた。私は片足づつ歩くのが苦手。ふらつく。重心のかけ方が悪いと指摘された。

Hakone_2

花の形が良く梅に似ており、色が黄色であることが名前の由来である「キンシバイ(金糸梅)」の植え込みを最近よく見かける。

熱海で雄蕊の長い白い花のバージョンを見たので「ギンシバイ」なのかなと思っていたらネーミングは違っていた。これは「ギンバイカ(銀梅花)」と名札がついていた。

金色の花より白い花の方がいい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2018

バス旅行その②:小田原

熱海からバスで1時間小田原城址公園

Odawara_1

Odawara_4

Odawara_3_2

Odawara_5

Odawara_6

Odawara_2

紫陽花が見事に咲いていた。

新宿5時20分解散。

今日昨日とは打って変わって梅雨空。御苑を抜けて「ストレッチ体操教室」へ。御苑は人影まばらだったが教室へ行くとほぼ満員で賑やかだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2018

バス旅行その①箱根・熱海

箱根・熱海・小田原の女性限定1日バス旅行に一人参加!

Hakone_7

集合場所は都庁大型バス駐車場。今日は84名参加ということで2台のバスに分乗して8時20分出発。10時23分箱根湯本発の登山電車に乗った。

Hakone_5

Hakone_6

線路の際には色とりどりの紫陽花が・・・フロントガラスが前日の雨のせいか汚れていたのが残念だった。

Hakone_4

箱根彫刻の森駅まで40分乗車。下車後いつもの二の平の踏切の横を通り彫刻の森のパーキングエリアで再びバスに乗車。昼食会場の箱根小涌園ユネッサンで和洋中のビュッフェをいただいてから熱海へ向かった。

Hakone_1

Hakone_3

ジャカランダは今年の異常気象により少し時期が遅かった。

添乗員の方も楽しい方だったし同乗した方は初めてお会いする方たちだったが皆気持ち良い方ばかりで楽しかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2018

ルーブル展

「鎌倉へ行こう」とテニス仲間と話していた。

Louvre_2

天候不順なので六本木の国立新美術館へ予定変更。

Louvre_1_2

高橋一生のナビゲーターによる音声ガイドを聞きながら歩いた。

印象に残ったのは

①ディアゴベラスケスの工房 《スペイン王妃マリアナ・デ・アウストリアの肖像》
②ポッティチェリ 《赤い縁なし帽をかぶった若い男性の肖像》
③グロ 《アルコレ橋のボナパルト》
④F・アントンマルキ 《ナポレオン1世のデスマスク》
ナポレオン1世は幽閉先のセントヘレナ島で1821年5月5日亡くなったそうだが二日後にアントンマルキがデスマスクを作り12年後複製を売り出しそれが評判になりナポレオン人気が再燃したという。
⑤墓名碑
Louvre_1_02

墓を飾る碑は亡くなった本人のアイデンティティや先祖の肖像、社会的地位を表しているということだった。上の写真の碑の下部に書かれている文字は「妻の思い出のために」と書かれているということはどうやらこの碑は妻が先に亡くなり碑に上部に夫(額に皺がある)妻そして下段に三人の息子を描き墓前においたいうことであろうか?テッサロニキ地方(マケドニアとトラキアの間の地域)で出土したと話していた。

2~3世紀の古代ローマ人は祖先を大事にし家の中に儀式の場を作りも家族や先祖の肖像、デスマスクを飾ったそうだ。

昨日父の日にファイリングし家族に配った家系図も古代ローマ人が墓名碑に家族や一族のつながりを残したいということと少し似ていると思った。

六本木ミッドタウンでランチ後お茶して旧交を温めた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2018

父の日に

12時から家族9人集まって会食会。

Otafuku_1

場所は東新宿の日本料理店。おたふく紫陽花が見事に玄関前を彩っていた。

Otafuku_1_01_3

二階の個室からは緑濃い広い庭が見張らせた。

私は2・3日前から各家庭へファイルを準備した。そこへ父であるTSさんが大学やら学会に寄稿した文章、親族が載った新聞記事の切り抜きはたまた関わりのある3家族の家系図のコピー。まぁあまり家系図など興味はないかもしれないけどどこでどんな出会いがあるやらしれずと思ったからだ。

3時少し前会食会は終わり私は明治通りから大久保通りへ出て新大久保駅まで若い人で大混雑するコリアンタウンを歩いた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2018

新宿歴史探訪

都営大江戸線の牛込柳町駅10時に集合したのは友の会の14人のお仲間。

Peace_00

Peace_6

まず行ったのが幸國寺の樹齢500年以上になるという大イチョウ。

Peace_5

辺りは旧家が多く紫陽花を美しく咲かせていた。

若松町を右折し夏目坂を通った。

Peace_4_2

夏目漱石はこのあたりの名主だった夏目小兵衛直克の5男として慶応3年に生まれたそうだ。

喜久井町観音、戦災者供養の「観音像」、早稲田中・高の校内にある「いのりの碑」馬場下町交差点の角にあるタイ焼きを買い箱根山通りを入って国立感染症研究所の中になる「納骨施設」の碑見学。

Peace_3

明治時代旧陸軍の軍人養成を目的とした学校がこの近辺にはあったらしい

Peace_2

箱根山のすそ野にある陸軍の将校の会議室跡の建物がいかめしく印象的だった。

Peace_1

戸山公園のはずれにウィリアムモリスが雑草の中にスクッと花咲かせていた。

今日の歩数は11000。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«整理整頓